주요 기사 바로가기

【コラム】「スマートグリッド」 韓国が世界をリード(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.05 16:56
0
これがスマートグリッドの最も重要な要素だ。 これが完成してこそ、安定的かつ経済的な電力需給が可能で、再生可能エネルギーおよび電気自動車などのさまざまなスマートグリッドの活性化にも柔軟に対処できる。

実際、世界のスマートグリッド分野で韓国ほど短期間で多くのことを成し遂げた国も珍しい。 政府が2030年までに国家単位では初めてスマートグリッドを具現するという強い意志を表明した後、主要8カ国(G8)でスマートグリッド先導国に選定された。 これとともに済州実証団地で進行した研究成果を基礎に、世界スマートグリッド技術をリードしている。 済州スマートグリッド実証団地は韓国スマートグリッド技術の集合体で、韓国のスマートグリッドの未来を見せるところだ。

ここでもスマートグリッドがきちんと実現されるためには、160余りの入居会社、11のコンソーシアム間のデータ連係と統合、総合管制が何よりも重要となる。 幸い、済州スマートグリッド統合運営センターには国際電気標準会議(IEC)基盤の共通情報モデルが構築されていて、統合されたデータを基盤に正確な電力需要分析と予測、供給が可能と予想される。

今回の大規模停電は、スマートグリッドが経済成長と未来のために最も急いで推進すべき事業であることを改めて実感させる事件だった。 政府と産業界はもちろん、いまや社会全般の関心と共感を土台にスマートグリッドを構築するため、よりいっその努力を傾ける必要がある。

李輝星(イ・フィソン)韓国IBM社長
【コラム】「スマートグリッド」 韓国が世界をリード(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP