주요 기사 바로가기

【コラム】「スマートグリッド」 韓国が世界をリード(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.05 16:56
0
大規模停電が発生した9月15日以降、スマートグリッドに関心が集まっている。 スマートグリッドは、各家庭の電力使用変動量をリアルタイムで把握し、停電の危険を直ちに各家庭に伝えることができるため、正確な需要予測と調整が可能になる。

スマートグリッド政策が初めて登場した背景には、米国のカリフォルニア・ニューヨークなどの大規模停電事故があった。 米国は03年に大規模な停電を経験し、電力網の近代化に向けてスマートグリッド政策の準備に乗り出した。 単に老朽化したグリッド網を改善するにとどまらず、異種産業間の融合産業として、お互い異なる装置およびシステムを接続し、相互運用性を高めるために、スマートグリッド標準化に多くの努力と投資をしている。

韓国の電力系統網は大きく発展し、発電、送・変電、配電、顧客の4分野に分けられ、分野別に電算化が進んでいる。 しかし各分野で提供されているデータは統合されていない。 正確な電力需要予測のためには各分野で提供されている情報が一つのプラットホーム上で統合されなければならない。 統合されたデータの分析なしには、正確な電力需要および負荷予測は不可能だ。

すなわち4つの電力系統網の情報統合と、これを通した正確な分析が行われてこそ、正確な電力需給活動が可能になり、経済発展計画とも連携できる。 各国が角逐しているスマートグリッドの主導権争いは結局、IT統合プラットホーム構築力にかかっているといっても言い過ぎでない。 もちろんこのためのデータは、電力系統網から出てくるデータのほか、正確な中・長期天気予測および様々な情報が必要だ。 また、できる限り多くの正確な情報を通して最適化されたエネルギー管理システムが構築されなければならない。
【コラム】「スマートグリッド」 韓国が世界をリード(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP