주요 기사 바로가기

グルーポンCEOが韓国人のマンパワーを絶賛(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.28 10:59
0
これを受けグルーポンはまず韓国特有の躍動的な組織文化を米国本社に組み込むのに力を入れている。関連業界では拡張経営で組織が大きくなったことで緩んだ雰囲気を刷新しようとしていると分析する。

グルーポンコリアで半年ほど勤めた幹部級社員をこのほど米シカゴ本社の核心部署に配置したのも同じ理由からだ。これは「韓国式経営技法と粘り強い組織文化を学ぶべき」というメイソン代表の特別指示に従ったもの。グルーポン本社で最も営業力が優れているのも韓国系社員だという。この社員は何回も模範社員として本社回覧対象になった。

メイソン代表をはじめとする主要経営陣から称賛を受けるべき社員として数回言及された。グルーポンコリアは、「6月に突然メイソン代表が韓国を訪問したのも、韓国市場に対する大きな関心を示したもの」と話した。

当時メイソン代表は1泊2日の日程で韓国を訪れグルーポンコリア社員らと食事と対話をした。訪韓目的を尋ねる記者らにメイソン代表は、「グルーポンコリア社員らと会い話を交わすのが主目的」と答えた。

メイソン代表らグルーポンの主要経営陣も韓国式経営技法と韓国人社員に対し高い評価をしていることがわかった。この会社の大株主のオリバー・サムバー会長もやはり韓国法人に対する深い愛情を示した。サムバー会長は3月に世界の社員に送った電子メールで、「私はグルーポン韓国法人が誇らしい。他の人たちも韓国の立派な社員と彼らの粘り強い成功方式を学ぶと良いだろう」とし、自身がほめた韓国人社員の写真をメールに添付して送ったりもした。

しかしこうした努力にもかかわらず、グルーポンの未来に対しては楽観と悲観が入り交じった状況だ。米ビジネスインサイダーは26日、「昨年11月にグーグルが60億ドルで買収を提案したグルーポンが最近さまざまな危機に遭っている。グーグルの社員らもやはり会社の成長の可能性に対して多様な意見を出している」と評した。


グルーポンCEOが韓国人のマンパワーを絶賛(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP