주요 기사 바로가기

韓国中産階級主婦は“ルイ・ヴィトン世代”…名品市場に変化(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.14 17:50
0
最近は中古名品店に続き、ソウル江南(カンナム)一帯を中心に名品ブランドバッグをレンタルする店も流行っている。 560万ウォンほどのシャネルのバッグの場合、3日間のレンタル料が12万ウォン前後。 盗難や破損などのおそれがあるため住民登録証を対照するなど手続きにやや時間がかかるが、人気製品はなくて借りられないほどだ。 名品レンタル店のある経営者は「名品を買えない大学生や若い主婦が多く、シャネルのような高価なバッグが人気」と話した。

最近、次々と誕生している「プレミアムアウトレット」も中産階級をターゲットにしている。 プレミアムアウトレットは流行が過ぎた名品を購入できる売り場が並ぶところだ。

新世界(シンセゲ)チェルシーは京畿道(キョンギド)の驪州(ヨジュ)と坡州(パジュ)でプレミアムアウトレットを運営中で、ロッテ百貨店は年末に京畿道の利川(イチョン)と坡州にプレミアムアウトレットを開店する。 中堅企業に務める未婚のヤンさん(39、女性)は「1年に2、3回ほど150万ウォンほどの名品を買うが、主にアウトレットや免税店で購入している」と話した。

LG経済研究院のキム・ジェムン研究員は「中産階級が名品購入の主力部隊に浮上し、コーチやMCMなど相対的に安い準名品ブランドが急成長するなど、名品市場に変化が生じている」とし「中産階級の名品購入欲求と購買力がかみ合ったところに新しい市場が形成されている」と述べた。
韓国中産階級主婦は“ルイ・ヴィトン世代”…名品市場に変化(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP