주요 기사 바로가기

ルイ・ヴィトン会長「韓国は世界で4番目に大きい市場」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.14 11:57
0
「ルイ・ヴィトンにとって韓国は世界で4番目に大きい市場です。この20年間店舗を運営して韓国消費者が何を望んでいるか関心を持って綿密に調べています」。

10日にルイ・ヴィトン仁川(インチョン)空港新羅(シンラ)免税店売り場開店式に出席したルイ・ヴィトンのイブ・カルセル会長は韓国市場の重要性を尋ねる質問にこう答えた。

カルセル会長は、「韓国にルイ・ヴィトン初の空港免税店ができたことは偶然でない。だが、空港にある売り場であるだけに韓国消費者だけでなく中国と日本・東南アジアの消費者がすべてわれわれの顧客」と話した。

また、「規模だけでなく施設面でも世界的な拠点空港と位置づけられている点を考慮して仁川空港に入店した。空港側が中央の良い位置に広い店舗を出せるよう協力した点も作用した」と付け加えた。

カルセル会長はルイ・ヴィトンについて、「旅行カバンから出発したブランドだ。旅行客が訪れる免税店はブランド精神を最もよく見せることができる売り場で、旅行用品に特化している」と説明した。

ルイ・ヴィトンは「搭乗時間に追われる顧客に最上のサービスを提供できない」という理由からこれまで空港免税店に出店していなかった。しかしカルセル会長は、「最近は空港のセキュリティが強化され、旅行者の空港滞在時間が長くなった。また、仁川空港店に他の売り場よりスタッフを多く配置してサービスに万全を期した」と説明した。

カルセル会長は韓国市場の重要性に比べて寄付など社会貢献活動が少ないという指摘に対しては「2年前にある児童支援団体と協約を結ぶなど世界のさまざまな国で社会貢献活動を展開している」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP