주요 기사 바로가기

トルコの大学に「三星アンドロイド」科目新設(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.09 10:25
0
現地スタッフを雇用するのを超えて現地人の好みを考慮した製品を開発する。ホン法人長は、「トルコ人ブロガーとともにトルコ地域専用アプリケーションを自主開発して発売している。熱いトルコ人の性格に合わせゲームとエンターテインメントを中心にしている」と話した。

トルコの消費者の生活様式に合う地域特化品も相次いで出している。冷凍室の温度を調整し冷蔵室に使えるスマート冷蔵庫「カイラ」が代表的だ。この製品の高さは現地の家屋構造に合わせ70センチメートルだ。

先進国市場と同時に製品を発売する戦略も効果を得ている。アップルの「iPad」などが米国で発売されてから8カ月後にトルコで発売されたのに対し、三星は「ギャラクシー」を含む新製品を韓国とほぼ同時に発売した。トルコ最大の家電流通会社テクノサのメフメット・ナネ最高経営責任者(CEO)は「三星の最大の長所は、“支払った分だけの価値を与える製品”を出すということと、アップルなどと違い新製品を同時発売するということ」と紹介した。

三星電子はまた、現在イスタンブール中心の流通網を地方に積極的に拡大している。地域条件に合わせ市場を攻略したりもする。

ホン法人長は「首都アンカラの西側はショッピングモール中心、東側は三星の単独ブランドショップを主に販売チャンネルに活用している」と話した。三星電子はまた、1984年にトルコ市場に進出して以来、老朽小学校の改善、児童・青少年のための教育センター設立、韓国戦争参戦勇士家庭の大学生奨学金支援など社会貢献活動も活発に行っている。


トルコの大学に「三星ア鎃ドロイド」科目新設(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP