주요 기사 바로가기

李大統領が週内にも内閣改造実施へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.08.28 09:44
0
李明博(イ・ミョンバク)大統領が早ければ今週初めにも3~5人の閣僚を交替する内閣改造を実施する。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は26日、「現職国会議員の特任・保健福祉・文化体育観光部長官の交替は確定した」と明らかにした。新長官が国政監査を受けられるよう早ければ今週初めに人選するのが目標としている。

文化体育観光部の鄭炳国(チョン・ビョングク)長官の後任には演劇界出身で「NANTA」の公演製作者として知られるPMCプロダクションの宋承桓(ソン・スンファン)代表理事が有力な中、李大統領が「女性長官を検討するように」という指示をした点から文化分野に造詣が深いハンナラ党の趙允旋(チョ・ユンソン)議員の名も挙がっている。同部次官出身の金長実(キム・ジャンシル)芸術の殿堂社長も候補だ。

保健福祉部の陳寿姫(チン・スヒ)長官の後任には経済官僚出身の林采民(イム・チェミン)国務総理室長が急浮上中だ。盧然弘(ノ・ヨンホン)食品医薬品安全庁長、陳泳坤(チン・ヨンゴン)青瓦台雇用福祉首席秘書官の名も出ている。特任長官は当面空席にしておくとの見方が優勢だ。しかし10月の補欠選挙を狙い、政務以外の別途任務(特任)を付与するサプライズカードとして活用される可能性もある。

最長寿長官の統一部の玄仁沢(ヒョン・インテク)長官と、女性家族部の白喜英(ペク・ヒヨン)長官の交替も検討されている。統一部長官には柳佑益(リュ・ウイク)元大統領室長の起用が有力だが、「回転ドア人事」という批判が負担だ。権哲鉉(クォン・チョルヒョン)前駐日大使も本人の意志と関係なく候補に名前が挙がる。女性家族部長官候補はハンナラ党の金錦来(キム・グムレ)議員と安明玉(アン・ミョンオク)前議員だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    李大統領が週内にも内閣改造実施へ

    2011.08.28 09:44
    뉴스 메뉴 보기
    文化体育観光部長官後任候補の宋承桓氏(左)と保健福祉部長官後任候補の林采民氏。
    TOP