주요 기사 바로가기

三星電子「世界の携帯電話市場でトップ目指す」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.08.25 12:13
0
三星(サムスン)電子が23日、世界の携帯電話市場でトップを目指すという野心を公式に明らかにした。アップルの深刻な牽制と台湾の競合メーカーの猛追など、いつになくスマートフォン市場が揺れ動く状況で業界1位への挑戦を明らかにしたもので注目される。

三星電子の洪元杓(ホン・ウォンピョ)無線事業部副社長は、「プレミアムと低価格型スマートフォンをフルにそろえ世界の携帯電話市場1位に挑戦する」と話した。

この日三星電子本社で開かれた社長団会議で「スマートフォン革命とわれわれの課題」という主題発表の席を通じてだ。この席で洪副社長は、「不動の1位」から深刻な下落傾向を見せているフィンランドのノキアに近く追いつきトップに上るという強い意志を見せた。

ホン副社長が秘策として提示したのは、地域はもちろんターゲットとなる消費者も所得・階層を一層細分化し、はるかに多様なスマートフォン商品群をそろえるという戦略だ。これを前面に出し先進市場と新興市場を分けて攻略する方針だ。携帯電話市場でスマートフォンが大勢になる傾向であり可能ということだ。実際に昨年売れた携帯電話13億6000万台のうちスマートフォンは3億台で22%だったが、今年は販売台数4億2000万台、割合は27%と急上昇する傾向を見せている。

洪副社長は、「先進市場は『ギャラクシーS2』のようなプレミアム製品で市場支配力を強化し、新興市場は200ドル未満の低価格型スマートフォンで攻略する計画」と明らかにした。洪副社長は「タブレットPCはアップルと三星の二強体制で固まった。年間53%ずつ大きくなるタブレット市場に積極的に対応し今年は販売台数基準で5倍成長する」と付け加えた。

一方、アップルも新興市場を攻略するための低価格型「iPhone4」を近く発売する予定だとロイターが匿名の消息筋の話として23日に報道した。これによると、アジアの部品メーカーが8ギガバイト容量の小型フラッシュメモリーを装着した低価格型スマートフォンをすでに生産し始めており、アップルは「iPhone5」が発売される時点でこれを公開する予定という。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    三星電子「世界の携帯電話市場でトップ目指す」

    2011.08.25 12:13
    뉴스 메뉴 보기
    三星電子の中低価格スマートフォン「ギャラクシーエース」
    TOP