주요 기사 바로가기

家計負債、900兆ウォン目前…所得・資産価値は下降(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.08.23 11:26
0
韓国の家計負債発経済危機の非常灯がついた。昨年初めて800兆ウォン(約58兆円)を超えた家計負債は、この1年間にさらに増え、900兆ウォンを目の前にしている。政府が各種規制を出しながら抑えようとしたが、効果はなかった。銀行を規制すれば第2金融圏の貸出が増える「風船効果」が続いたからだ。

LG経済研究院のイ・チャンソン金融研究室長は「第2金融圏の貸出は低所得層の生計型資金比率が高く、不良債権につながりやすい」とし「これほどの負債規模なら、外部の衝撃があった時は耐えがたい」と述べた。

このため、大型の経済危機を迎える度に支え役になってきた家計が、今回の欧州発財政危機状況ではむしろ国内経済危機の出発点になるのではという懸念の声までが出ている。負債が急増した状況で所得は減り、資産価値は落ち、家計の基礎体力が大きく落ちれば、政府が取り出す適切なカードはなくなる。

金融界の関係者は「過去に2度の大きな経済危機を経験しながらできた‘家計=危機緩衝地帯’という公式は消えていくだろう」と述べた。

負債に比べて所得の増加が遅いのがさらに問題だ。国内の家計負債は経済・所得規模で考えると先進国に比べて高い水準だ。09年基準の可処分所得に対する家計負債比率は153%(9位)で、経済協力開発機構(OECD)平均(134%)を大きく超えている。米国(132%)や日本(130%)よりも高い。

韓国開発研究院(KDI)のキム・ヨンイル研究員は「金融危機以降、米国などの先進国は家計負債が調整局面に入ったが、韓国の家計負債は着実に増えている」とし「この傾向が続けば家計負債が経済危機の雷管になるかもしれない」と述べた。

韓国銀行(韓銀)によると、6月末現在の家計負債は3月末比18兆9000億ウォン増の876兆3000億ウォンだった。家計負債とは家計への貸出と販売信用(クレジットカードおよび割賦販売)を合わせた金額。銀行圏の住宅担保貸出増加額は5兆4000億ウォンで、1-3月期と似た水準だったが、通帳残高のマイナスや第2金融圏の貸出が大きく増えた。
家計負債、900兆ウォン目前…所得・資産価値は下降(2)

家計負債、900兆ウォン目前…所得・資産価値は下降(3)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP