주요 기사 바로가기

<サッカー>趙広来監督「韓日戦のことは二度と考えたくない」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.08.22 15:03
0
サッカー韓国代表の趙広来(チョ・グァンレ)監督は22日、ソウル大韓サッカー協会の大会議室で9月2日から始まる2014ブラジルワールドカップ(W杯)3次予選のメンバーを発表した。24人のうち13人が海外組となった。韓国代表はまず9月2日にレバノンとホーム試合、6日にクウェートとアウエー試合を行う。

--メンバー発表について一言。

「良い雰囲気でワールドカップ(W杯)3次予選のメンバーを発表しなければならなかったが、申し訳ない。 今回の韓日戦を踏んで韓国代表が最終予選のチケットを獲得するため、1試合1試合に最善を尽くしたい」

--韓日戦では守備ラインが崩れた。 今回のメンバーには洪正好(ホン・ジョンホ)が含まれたが、こうした守備の心配は解消されるのか。

「韓日戦は二度と考えたくない。 アジアカップ当時のメンバーが復帰したのはプラスだ。 当時からずっと守備のバランスを合わせてきたため、それほど心配しなくてもよさそうだ。 今回は時間が少しあるので組織的な守備の準備をより多くする」

--韓日戦当時、グラウンド内でゲームをつくるリーダーがいなかった。

「その部分が惜しまれる。 特に主将の朴主永(パク・ジュヨン)のコンディションが良くなく、リ―ドできなかったところもあった。李正秀(イ・ジョンス)もカタールでAマッチのような激しい試合でプレーできず、ベストの状態ではなかった。 李正秀にも昨日電話をしてコンディションを高めてくるように指示した」

--従来の選手が中心だ。

「いろいろ悩んだ。 海外組とKリーグ選手を同じポジションに置いて比較をしてみた。 最後まで迷った選手もいたが、短い時間にチームをまとめるには、コンディションさえ問題なければ従来の選手を選ぶほうが近道だと考えた」

--日本戦でプレーしていない池東源(チ・ドンウォン)と孫弘敏(ソン・フンミン)については。

「攻撃ポイントなど個人の長所があるので期待している。 しかも守備組織力の面で池東源や孫弘敏は良い部分が多い。 特に池東源は相手チームを外側に追い込むという点で良い守備力を持っている」

--具滋哲(ク・ジャチョル)はどういう状態なのか。

「具滋哲とは昨日電話で話したが、けがはかなり回復し、今日から練習に加わると話していた。 さらに数日間ほど見守りながら球団と相談し、無理がなければ呼ぶ考えだ」

◇韓国代表メンバー

GK:鄭成龍(チョン・ソンリョン、水原)、金鎮鉉(キム・ジンヒョン、セレッソ大阪)、金永光(キム・ヨングァン、蔚山)

DF:李宰誠(イ・ジェソン、蔚山)、金英権(キム・ヨングォン、大宮)、李正秀(イ・ジョンス、アルサド)、曺永哲(チョ・ヨンチョル、アルビレックス)、車ドゥリ(チャ・ドゥリ、セルティック)、洪正好(ホン・ジョンホ、済州)、洪哲(ホン・チョル、城南)

MF:李容來(イ・ヨンレ、水原)、金甫炅(キム・ボギョン、セレッソ大阪)、金正友(キム・ジョンウ、尚州)、池東源(チ・ドンウォン、サンダーランド)、奇誠庸(キ・ソンヨン、セルティック)、ユン・ビッカラム(慶南)、ナム・テヒ(バレンシア)、李根鎬(イ・グノ、ガンバ大阪)、廉基勲(ヨム・キフン、水原)、金在成(キム・ジェソン、浦項)、朴ヒョン範(パク・ヒョンボム、水原)

FW:朴主永(パク・ジュヨン、ASモナコ)、孫弘敏(ソン・フンミン、ハンブルク)、鄭助国(チョン・ジョグク、オセール)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>趙広来監督「韓日戦のことは二度と考えたくない」

    2011.08.22 15:03
    뉴스 메뉴 보기
    サッカー韓国代表の趙広来(チョ・グァンレ)監督。
    TOP