주요 기사 바로가기

中国とロシアの経済支援競争を狙う金正日(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.08.22 14:12
0
以前からロシアは、パイプラインを通してサハリンとシベリアで大量に生産されるガスを韓国に輸出することで得られる経済的な魅力と、それに伴う政治的な副産物に着眼している。韓ロ間では08年の首脳会談当時、ロシア-北朝鮮-韓国パイプライン建設を前提とし、30年間にわたり毎年750万トンのガスを輸出するという了解覚書が締結された。韓国としてはガス需要の20%を安く輸入できる魅力的な事業だ。

しかしガスパイプライン事業は北朝鮮の核問題が足かせとなり、進展がなかった。北朝鮮の核問題では政経分離の名分も通じない。北朝鮮には体制の安全が経済よりも優先される。北朝鮮の立場の変化は、中国に対する金正日の失望を待たなければならなかった。今がまさにその時だ。ガスパイプラインが北朝鮮を通過すれば、北朝鮮が受ける通過手数料だけでも年間1億ドルにのぼる。建設期間中に北朝鮮では大規模な雇用と物資に対する需要が生じる。首脳会談後の朝ロ関係の展望は比較的明るい。

ロシアにとっては、1992年のソ連崩壊後に中国に譲った対北朝鮮影響力の回復だけでなく、北核や平和定着など韓半島問題で国力に相当する発言権を取り戻す好機だ。それはまたロシアの念願事業であるシベリア開発とも直結する。シベリアは膨大な資源の海であり、韓国にとっても経済的なブルーオーシャンだ。北朝鮮に対するロシアの影響力の回復は韓半島問題の解決にもつながる。

韓ロ間で08年以降、パイプライン建設を含むシベリアエネルギー開発問題が着実に深く議論されてきたのは幸いだ。しかし今、私たちは極めて慎重に進んでいかなければならない。パイプラインプロジェクトに過度な政治的な意味を与えて北核と北朝鮮の挑発を取り上げれば、北朝鮮はまた対話の門を閉じるだろう。

韓半島問題の特性上、政治という馬車は経済という馬が経済の軌道の上を引くようにしなければならない。経済議論がパイプラインの実現で結実し、自然に開城(ケソン)と金剛山(クムガンサン)、そして南北の緊張緩和と北核につながるのを待つ、戦略的な忍耐が重要だ。韓国は5・24対北朝鮮措置を含む対北朝鮮強硬姿勢を緩めながらパイプライン事業の議論に歩調を合わせる必要がある。
中国とロシアの経済支援競争を狙う金正日(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP