주요 기사 바로가기

“通訳者から外交官へ”北側次席代表のファッションが話題

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.25 09:04
0
インドネシア・バリで22日に開かれた6カ国協議南北首席代表会合に北朝鮮側次席代表として参加したチェ・ソンヒ外務省副局長(47)のファッションが話題だ。

一目見ると平凡なアイボリーのズボンスーツ姿に見えるが、リボンの飾りが付いた靴、紫色のバッグ、蛍光薄緑色の手帳、金の時計とブレスレットなどアクセサリーが普通ではない。

肩のふっくらとしたセミパワーショルダージャケットと幅広のズボンスーツは男性のような力が感じられる姿だ。だが、女性政治家たちがよく着る黒い服の代わりにアイボリーで強いイメージを和らげた。リボンの飾りが入った靴を履き、ジャケットの中にはレースをあしらった黒い服を着てソフトなイメージを後押しした。パーソナルイメージ研究所のカン・ジンジュ所長は、「男性的な上着で存在感を表わしながらも注目度の面では一歩退くファッション戦略」と説明した。

チェ副局長の今回のファッションはこれまで通訳担当者だった本人のイメージを変えようとする試みにも見える。国際会議通訳者は目立ってはいけないため黒いスカートスーツと黒い靴で最大限端正にする。国際会議通訳者のイ・ジョンヨン氏は、「アクセサリーも控えめにし、髪が長ければ縛って、バッグも目立たない色を選ぶ。チェ副局長のファッションは通訳者ではなく影響力ある外交官であることを示そうとする意図が込められたとみられる」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP