주요 기사 바로가기

【世説】“IT強国”韓国の誤解と真実(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.21 11:39
0
韓国が情報社会の強者になるには、太陽・風・波から得るグリーンエネルギーが社会経済活動の源泉にならなければならない。また家電機器が太陽光携帯電話のように電源プラグやバッテリーから自由でなければならない。情報通信が化石エネルギーに代わってこそ情報社会となり、社会経済運営の中心がソフトパワーに転換し、石油の消費と経済成長の間の悪循環が終焉を告げてこそ情報強国となる。

実際、韓国の情報生産量は世界平均情報量の2倍を上回るが、不正確な情報による不確実性増大で超危険社会に取り上げられたりもする。一部の人は後退するIT競争力順位を懸念するが、本当に心配すべきことは誤った情報、安易な情報マインド、不健全な情報形態だ。情報社会の価値とIT強国の安全性を脅かす虚偽情報、サイバー淫乱およびテロ、ハッキング、違法コピーなどを根絶しなければならない。

特にグリーン成長は未熟な情報強国の大尾を締めくくる戦略になることができる。ITとグリーン成長が一体になってこそ産業社会の限界を抜け出し、グリーン時代を主導する「IT基盤グリーン強国」の夢が現実化される。

ハン・セオク東亜大教授・行政学
【世説】“IT強国”韓国の誤解と真実(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP