주요 기사 바로가기

【社説】朝中友好条約50周年を記念する時ではない

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.11 11:25
0
北朝鮮と中国は50年前の1961年7月11日、「友好協力及び相互援助に関する条約」を締結した。いわゆる「朝中友好条約」だ。条約の核心である第2条は「一方が一国や数カ国の連合軍の武力侵攻で戦争状態に直面すれば、相手は全力を尽くし、遅滞なく軍事及びその他の援助を提供する」と規定している。有事の際、中国が韓半島に武力介入する道を開いておいた「自動介入条項」だ。

友好条約締結50周年を記念するため両国の高官が相互訪問するなど、北朝鮮と中国は同盟関係を誇示している。北朝鮮の楊亨燮(ヤン・ヒョンソプ)最高人民会議常任委副委員長が代表団を率いて9日に北京を訪問し、張徳江国務院副首相を団長とする中国代表団が昨日、平壌(ピョンヤン)を訪れた。南北関係が事実上断絶した状態で、北朝鮮の対中依存がますます深まっている中、両国が血盟関係を対内外に宣伝しているのだ。

この半世紀の間、韓半島周辺情勢は大きく変わった。冷戦は終わり、ソ連は地図から消えた。ロシアは韓国と修交し、敵対関係だった韓国と中国も修交した。2000年にロシアは北朝鮮とソ連が結んだ軍事同盟条約を廃棄し、自動介入条項が削除された「朝ロ友好善隣協力条約」を新たに締結した。にもかかわらず朝中友好条約は変わりなく維持されている。冷戦時代に締結した時代錯誤的な条約が今でもそのまま存続しているのだ。

北朝鮮と中国は53年に締結された「韓米相互防衛条約」にも自動介入条項が含まれているとし、これを朝中友好条約を維持する根拠として主張している。しかし武力南侵で韓国戦争(1950-53)を起こし、核兵器開発と相次ぐ武力挑発で緊張を高める北朝鮮を韓国と同じく比較することはできない。しかも韓米同盟は価値を共有するグローバル同盟にすでに進化している。中国は韓半島急変事態を念頭に置いて北朝鮮との友好条約50周年を記念するのではなく、どうすれば韓半島と北東アジアの真の平和と安全を図れるか悩む必要がある。それは結局、北朝鮮の変化に糸口を見いだすしかないだろう。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP