주요 기사 바로가기

日本も失敗した米国ビデ市場に食い込む韓国中小企業(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.04 14:07
0
ユ代表は08年3月、米国行き飛行機に乗った。自らビデを持って現地の病院や建設現場、大型マートを回った。時間がある時は家電製品展示会で製品を紹介した。

ユ代表は「シカゴ・ニューヨーク・ロサンゼルスを行き来しながら数十回は飛行機に乗っている」とし「とにかくがむしゃらに突っ走ってきた」と振り返った。

コストコもその一つだった。09年6月、コストコ14店にビデを試験設置した。気難しいユダヤ人バイヤーを説得できたのは消費者の好評のためだった。2カ月間、週に2台以上売れれば納品する条件で契約を締結したが、1週間に20台が売れた。「顧客の反応のうち最も多かったのが‘It chages my life’(私の人生を変える)だった点も納品契約につながった」。

結局、今年1月からアイゼンは米国内のコストコ100店余りにビデを納品し始めた。最初は1000個の注文を受けて納品したが、今年上半期だけで1万7000台が売れた。アイゼンは下半期を合わせて約6万台を納品できると期待している。

ユ代表の最終目標は米国最大流通会社のウォルマートだ。ユ代表は「狭い韓国市場がすべてだと思っている中小企業が多い。しかし韓国はレッドオーシャンかもしれない」とし「恐れることなく海外市場をノックしてみるべきだ」と語った。ユ代表にとって米国は不毛地ではなく「ブルーオーシャン」だった。
日本も失敗した米国ビデ市場に食い込む韓国中小企業(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本も失敗した米国ビデ市場に食い込む韓国中小企業(2)

    2011.07.04 14:07
    뉴스 메뉴 보기
    韓国中小企業が米大手マートチェーン「コストコ」に今年1月からビデを納品している。
    TOP