주요 기사 바로가기

LG電子「ソニー・三星、2Dテレビでも作ってろ」米国で広告へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.01 08:55
0
「おい、ソニーと三星(サムスン)よ。2Dテレビでも頑張って作ってろ」(HEY SONY & SAMSUNG BETTER STICK TO 2D)。

LG電子が30日(現地時間)から米USAトゥデイとウォールストリートジャーナル(WSJ)に大々的に出す広告だ。3D立体画面テレビをめぐり、LG電子が海外で三星電子・ソニーに照準を合わせたのだ。LG電子は国内でも一度、三星電子と3Dテレビの技術をめぐり神経戦を繰り広げており、両社間の神経戦が加熱する見込みだ。

LG電子がこうした比較広告攻勢を始めたのは、3Dテレビに関する国内外の最近の消費者評価で、LG製品が三星電子・ソニーを上回ったからだ。

最近、米消費者雑誌コンシューマーリポートは現地で販売されている6社・13製品を比較・評価した結果、LG電子の「シネマ3Dテレビ」が1位になったと発表した。3D効果はもちろん、音響と機能、画面メニューまで、すべての評価項目でLG電子製品が高い点数を受けた。

さらにLG電子は独自で施行した「ブラインドテスト(ブランドを隠した状態で品質を比較するテスト)」でも、三星電子とソニーの製品を圧倒したと説明した。米国のロサンゼルス・ダラス・シカゴ・ニュージャージー・アトランタの5地域で中産層の米国人439人を対象に調査した。その結果、ソニーとLG電子の製品の比較では80%が、三星とLGの製品の比較では82%がLG製品を選んだという。

LG電子米州法人の関係者は「米国では消費者団体の比較・評価結果や公正なブラインドテストの結果に基づいて比較広告をするのが一般化されている」と説明した。また「今回の広告も三星電子やソニーを刺激したり誹謗しようというのではなく、LG製品の認知度を高めるためのが目的」と話した。LG電子側は広告のコピーに関する法律検討も終えたと明らかにした。これに対し、一部からは「昨年以降スマートフォン市場で劣勢を免れなかったLG電子が3Dテレビで機先を制しようという戦略」という評価が出ている。

現在3Dテレビ市場は使用するメガネによって2つの陣営が激しく対立している。三星電子はメガネの両側のレンズを交互に開閉する「シャッター式」を、LG電子は両レンズに青と赤をかぶせた「偏光式」をそれぞれ採択している。どちらが大勢になるかによって市場主導権の行方が決まる。

三星電子とソニーも初期に主導権を奪われまいと反撃に出るとみられ、3Dテレビ戦争が世界舞台に拡散する見通しだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    LG電子「ソニー・三星、2Dテレビでも作ってろ」米国で広告へ

    2011.07.01 08:55
    뉴스 메뉴 보기
    30日(現地時間)から米USAトゥデイとウォールストリートジャーナル(WSJ)に大々的に出すLG電子の広告。
    TOP