주요 기사 바로가기

【時論】韓流コンテンツの人気を継続させるには(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.28 15:50
0
さまざまなデジタル機器とサービスが融合されるスマートメディア時代、コンテンツは個人や一つの企業の力だけで持続可能な成果を出すのは難しい。 創造的なコンテンツは今後、開放と協力を通してつくられる。 何よりもコンテンツと情報技術を連係して知的財産を広く活用することで、創造的なコンテンツを制作できるという事例が可視化している。

夏期休暇が始まる直前の6月のヨーロッパは、一方ではソーシャルメディアを通して韓国のコンテンツを開放的に受け入れながら、もう一方ではデジタルメディアを通してコンテンツを開放的に活用する未来を準備していることを同時に見せた。 ともにコンテンツに対する開放的な立場を前提にしている。 これはデジタル社会、スマートメディア時代のコンテンツの方向を見せているのだ。

韓流コンテンツの機会を一過性でなく持続可能なものとするには、こうした流れを正確に読み取って対応する必要がある。 特に創造的コンテンツ連合で見られたように、コンテンツ企業だけでなく情報技術、従来のメディア大企業などが開放的にお互い協力する共存モデルを構築しなければならない。 いま花が開き始めたコンテンツ力量と世界最高水準の情報技術競争力を結合する共存的な接近が求められる。 情報インフラが韓国に比べて遅れ、デジタル産業の基盤が弱いヨーロッパが先にこうした方向に動き出したのはアイロニーだ。 私たちこそ創造的コンテンツ連合戦略がいつよりも重要な時期だ。

金大浩(キム・デホ)仁荷(インハ)大言論情報学科教授
【時論】韓流コンテンツの人気を継続させるには(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP