주요 기사 바로가기

韓国の富豪、「核恐怖」で自宅に地下シェルター

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.28 11:28
0
ソウルには核避難施設を完備した民間住宅がある。原子力爆弾を落とされても2カ月間過ごせる施設だ。一方で、最近では数千万ウォンを超える放射線監視機器を購入する一般人も増えている。一部の富裕層の話だ。福島原発事故や北朝鮮の度重なる核脅威で、核に対する漠然とした恐怖が広がって描かれた風俗図だ。

ソウル瑞草洞(ソチョドン)の最高級住宅地には、核避難用の地下シェルターがある。200人ほどの入居者が、2カ月間、核兵器を避けて生活することができる規模だという。シェルターは入居者だけが利用可能だ。シェルターのドアは強化コンクリートが塗り重ねてあり、重さだけで1トンを超える。壁の厚みも80センチと、一般的な壁の4倍以上だ。シェルターのドアがぶ厚い理由は、核爆発による熱風と圧力を遮断するためだ。132平方メートル程度の内部には、3段式簡易ベッドが約20ほど、トイレは2間、食料倉庫などがある。電気の供給が中断する事態を想定し、自家発電機も用意してある。壁のあちこちには、放射能汚染物質と核塵などをふるい落とすフィルターと換気施設が備えられている。地下と1階の間には、ゴムと鋼鉄で作られた特殊施設がある。マグニチュード7以上の強い地震や核爆弾のような外部からの強い衝撃にも建物が揺れたり壊れたりしないように耐震設計が施されている。

株式会社トラウムハウスの関係筋は「2003年の分譲当時、戦争を経験した60代以上の壮年層から人気を集めた」とし、「入居者はプライバシーが露出することを極度に嫌がり、最近は内部を公開したがらない」と話した。この住宅は、部外者の出入りを厳しく統制し、内部にもセキュリティーカードがなければ移動できないようになっている。付近の不動産業界関係者は「非常に高価なため、物件自体があまりないが、時価を問い合わせる人はいる」とし「お金があるからといって入居できるようなところではない」と話している。この住宅は、2003年に完工し、専用面積は273.6平方メートル、公示地価は50億8800万(約3億8000万円)ウォンで、取引価格は150億ウォン(約11億1200万円)台になる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国の富豪、「核恐怖」で自宅に地下シェルター

    2011.06.28 11:28
    뉴스 메뉴 보기
    1、トラウムハウス5団地の全景 2、核爆弾時に備え、二重に設置されたドア。 3、避難施設の内部(写真=中央フォト)
    TOP