주요 기사 바로가기

統一部長官「国民は南北関係を直視すべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.28 10:38
0
27日午前、ソウル世宗路(セジョンロ)政府中央庁舎3階の統一部記者室。

玄仁沢(ヒョン・インテク)長官の側近キム・スン政策補佐官が、趙明哲(チョ・ミョンチョル)新任統一教育院長のブリーフィングに姿を現した。キム補佐官は新しい統一教育基本教材に関する内容を丁寧にメモし、記者との問答も見守った。長官の政策補佐官が懸案ブリーフィングに出席するのは異例だ。玄長官がそれだけ新しい統一教育教材に関心を向けているという傍証だ。

玄長官は各級学校と統一教育機関で活用される『統一問題理解』『北朝鮮理解』2011年版発刊計画の報告を受け、「国民が南北関係の現実を直視しながら望ましい対北朝鮮観と安保思想、統一観を確立できるようにするべき」と指示したという。これを受け、前部では北朝鮮の天安(チョンアン)艦爆沈と延坪島(ヨンピョンド)砲撃挑発が強調された。北朝鮮の6.25南侵も新たに収録された。

後継者の金正恩(キム・ジョンウン)をはじめとする北朝鮮3代世襲と関連し、批判的な記述も目を引く。『北朝鮮理解』は「3代世襲作業はその間どの独裁政体にも見られない前代未聞の実験」と評価した。玄長官が自ら修正・補完された部分を監修レベルでチェックしたため、発刊日程も4カ月も遅れた。

玄長官は4万5000部ずつ発刊してきた2冊を今年は10万部ずつに増やすことにした。1万1000余りの小中高校だけでなく、全国の図書館、青少年統一教育担当教師にも伝えるという趣旨だ。郵送料1億ウォン(約750万円)を含む計5億ウォン近い予算をまず配分することにしたという。

別の関係者は「部内で‘統一教育の保守化’という批判が出るという懸念があったが、長官は退かなかった」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP