주요 기사 바로가기

【中央時評】孫正義経営の真正性(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.23 11:25
0
真正性のあるリーダーは自分たちが進もうとする目標を明確に知り、これを忘れない。また自分がどこから来たのかも忘れない。自分の個性と特性を最大限に維持しながらも、集団が持つ文化と社会的な側面での特徴を受け入れる方法を知っている。こうした文化と自身が持つ個性を最大限に結合して重要な変化を引き出すのが真正性のあるリーダーの特徴だ。リーダーとしての真正性はまず言葉と行動が食い違わないことから始まる。これを守ることができなければ、職員やリーダーに従う人たちは絶対に自分の真正性を信じないだろう。単にいくつかの行動でこういうものを見せるのではなく、自分の小さな行動一つひとつに常に自分の言葉を記憶しながら、それに背かないようにしなければならない。誇張して話し、これを守れない行動を日常的にしていれば、誰も真正性があるとは思わない。他の何よりも自分の信念と行動を一致させようと努力しなければならない。

過去には一部の少数の周辺の忠誠を誘導するため、さまざまな方法の非公式的な方便を利用し、彼らを自分の影のように利用するケースが多かった。要職を任せたり、人を入れ替える政治的な行為を通してリーダーシップを固める例が多かった。こうした政治的な接近方法は過去のように生産手段を所有し、組織構成員を徹底的に指揮して成果を上げる産業社会的な組織では大きな効果を得た。ところが今日のように多極化され、組織全体の革新と創意的な力を引き出し、みんなを同じ方向に前進させなければならない未来型リーダーシップには似合わない方法だ。

真正性のあるリーダーになるためには、自分の個性と組織の文化をどう調和させ、ここからどう強い力を引き出すのかをよく知っていなければならない。そしてこうした強い共感と影響力を土台に組織を引っ張っていく新しい類型のリーダーシップがさらに脚光を浴びるようになる。アップルのスティーブ・ジョブズや英保守党を率いるデービッド・キャメロンのリーダーシップもこうした類型に近い。組織内外部に自分の考えを表し、いつもすべての人との共感を作るために努力する。帝王のように組織を握り、階層的な管理体系を重視し、過度に技術と資本に依存するリーダーシップと経営体制について、いまや積極的に悩む時期になっている。未来を経営する組織には真正性のあるリーダーが必要だ。

チョン・ジフン関東医大明知病院IT融合研究所教授
孫正義経営の真正性(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP