주요 기사 바로가기

アジアで勝負をかけるノキア…三星電子に宣戦布告(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.21 11:46
0
しかし、エロップ氏のコスト削減と別動隊の編成は「アジアなどイマージングマーケットを攻略するため」とビジネスウィークは最近報じた。2つの戦略が3つ目のアジア市場攻略のための手段ということだ。

しかしエロップ氏の戦略が成功するかどうかは不透明だ。エロップ氏がアジア市場で成功するためには強大な敵を退けなければならない。「ノキアがアジアに視線を向ければ、韓国の三星(サムスン)電子、ZTE(中興通信)と衝突する」と、ブルームバーグは20日伝えた。両社がアジア市場の事実上の盟主だからだ。

米情報技術(IT)専門誌PCマガジンは「エロップ氏が21日のコネクション2011で三星電子とZTEの名前を取り上げるかどうかは分からない」とし「しかしマリーナベイサンズホテルのイベントは三星電子などを狙って宣戦布告する場となる可能性が高い」と展望した。

グローバル市場のもう一つの関心はエロップ氏が「どんな武器でアジア市場を攻略するか」だ。エロップ氏は今日昼ごろ、メインコンベンションホールの舞台に立って秘蔵の武器を公開する。アップルのスティーブ・ジョブズCEO(58)のようにイベント効果を極大化しようという戦術だ。ブルームバーグは「エロップ氏が低価格アンドロイドスマートフォンを紹介する予定」と伝えた。

エロップ氏は今日の宣戦布告のために、数カ月前から動きを最小限に抑えながら力を備蓄してきた。昨年9月のCEO就任と同時にエロップ氏が明確な方向と戦略を提示すると期待した市場は失望したりもした。エロップ氏のCEO就任後、ノキアの株価は40%以上も落ちた。現在、ノキア株価は過去13年間で最低だ。

エロップ氏が動きを見せない間、格付け機関のフィッチとスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)も一撃を加えた。今月に入ってノキアを格下げした。格付け見通しも否定的に評価した。その結果、ノキアの利子負担も大きく膨らんだ。

ウォール街のアナリストは「エロップ氏が古巣のMSに資金支援を要請してこそ資金難を乗り越えられるだろう」とし「四面楚歌に追い込まれたノキアがエロップ氏の戦略を通して起死回生できるかどうかは不透明だ」と述べた。
アジアで勝負をかけるノキア…三星電子に宣戦布告(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP