주요 기사 바로가기

日本でフラットシューズが人気…地震に対応

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.14 16:11
0
最近、日本の女性の間でかかとが低いフラットシューズとパンツが人気を集めている。 地震が発生した際に走って逃げられるからだ。

日本のJ-CASTニュースは12日、「日本では最近、活動しやすい服装と履き物、特にフラットシューズの売り上げが大幅に増えた」とし「東日本大地震以降、日本国内のファッションにも変化が起きている」と報じた。 地震を体験した後、不安を感じている消費者の心理が反映されたというのが流通業界の分析だ。

銀座のデパート松屋では、地震後の3月中旬から5月中旬までフラットシューズの売り上げが50%増えている。 新宿のデパートではウォーキングシューズの売り上げが50%増加した。 デパート関係者は「会社の出勤やデートにも履いていける靴が人気。特に地震以降はこうした傾向が強まっている」と説明した。

パンツを購入する女性も増えている。 日本橋の三越はパンツをこの夏の戦略アイテムに選定した。 このデパートの4月のパンツの売り上げは前年比6%以上増えた。 女性服全体に占める比率も2%増加した。 デパート関係者は「動きやすい服装を好む顧客が増えている」と伝えた。 銀座のデパートでもパンツの売り上げが10%以上増えた。

地震後は主に穏やかな色のアイテムが人気を呼んでいるという。 銀座のデパート関係者は「地震後に売れている衣類の色はほとんど白かベージュ、薄い青」とし「地震前は明るい色の服がよく売れたが、地震後には穏やかな色の服を求める消費者が増えた」と説明した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP