주요 기사 바로가기

「KTX山川」の事故、大災難の前兆?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.05.16 17:57
0
事故が相次いでいるコレイル(韓国鉄道公社)「KTX山川」列車が大型災難の前兆というツイッターの分析が注目を集めている。

あるツイッター利用者は14日、ソウル発馬山(マサン)行きKTX山川第387列車が慶尚北道漆谷(キョンサンブクド・チルゴク)で52分間停止する事故が発生すると、次のようなコメントを載せた。 「コレイル、ハインリッヒの法則通りに進むのか」だ。続いて「鉄道消費者の立場で思い浮かぶ用語が一つある」としてこの法則を紹介した。

ハインリッヒの法則とは、1931年に保険会社で災害関連統計を担当していたハーバート・ウィリアム・ハインリッヒ氏が導き出したものだ。 産業災害で重傷者1人が発生すれば、それ以前に同じ原因で軽傷者が29人、負傷の危機にあった潜在的な負傷者が300人いたということを一つの法則で説明したのだ。 大事故が発生する前、それに関連した軽微な事故と徴候が必ず存在するという意味だ。 「1:29:300の法則」ともいう。

このツイッター利用者は2010年3月にKTX山川が初めて運行を始めて以来発生した主要事故日誌を整理し、16件を載せた。 昨年10月に天安牙山駅でモーターブロックが故障して停止した事故から、今年の光明駅付近での脱線、東大邱発ソウル行きKTXの遅延(通信障害)などだ。

ネットユーザーはインターネット掲示板やツイッターで「ハインリッヒの法則通りなら、今後13回も事故のニュースに接することになる」「何とか山川号はこの法則を避けてほしい」「どこかでハインリッヒが事故の回数を数えているようだ」などと不安感を表している。

一方、国土海洋部によると、KTX山川は導入された直後から13カ月間に42回、大小の欠陥で故障を起こした。 信号装置・空気配管の異常が各10件、高圧回路の異常が4件、モーターブロック・扉の故障が各3件、保護装置の誤検知2件、空調装置などその他が10件だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP