주요 기사 바로가기

韓国・EU間FTAが7月に発効すると…

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.05.05 09:34
0
世界最大市場が開かれた。韓国・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)批准同意案が4日、国会本会議で可決されたことで、両国間のFTAは7月に暫定発効する。貿易自由化に向けて4年以上続いた大長征がこれで締めくくられた。韓国・EU間FTAは07年5月に交渉を公式宣言した後、2年2カ月後の2009年7月に妥結し、同年10月の仮署名を経て昨年10月公式署名された。欧州議会は今年2月にこれを批准した。韓国では終盤にFTAハングル本の翻訳ミスが207カ所もあることが確認され、外交通商部は国会に3度も協定文ハングル本を提出するという紆余曲折があった。

韓国・EU間FTAが暫定発効すれば、韓国・EU間の貿易・投資・サービスなど経済各分野は新しい転機を迎える見込みだ。欧州27カ国で構成されたEUは2009年の国内総生産(GDP)が16兆4000億ドルで、世界全体GDPの30%を占め、米国(14兆3000億ドル)よりも規模が大きい世界最大の単一経済圏だ。また、韓国との貿易額は昨年922億ドルで、中国に次いで2番目に大きい貿易相手国。

昨年10月に国内10カ所の国策研究機関が出した韓国・EU間FTAの経済的効果分析資料によると、韓国経済の実質GDPが0.64-5.62%増加するという予想だ。韓米FTAよりも経済的効果が大きいという分析もある。三星(サムスン)経済研究所は、韓国・EU間FTAが発効した場合、GDPとGDP対比厚生の増加は3.08%と2.45%となり、それぞれ1.28%増・0.56%増と予想される韓米FTAより効果が大きいという報告書を出している。

韓国・EU間FTAが暫定発効すれば、双方が品目別に合意した段階に基づき無関税で輸出入される。EU側は工業品の関税を5年以内に撤廃するが、このうち99%は3年以内に実現する。韓国の場合、3年以内の関税撤廃品目は96%で、一部の敏感な品目は関税撤廃期間を7年に設定した。

関心品目の乗用車の場合、双方ともに排気量1500cc超過乗用車は3年以内に、1500cc以下の乗用車は5年以内に関税を段階的に撤廃することにした。敏感品目のコメは関税撤廃対象から除かれた。

韓国・EU間FTAの締結は、EU所属27カ国と同時にFTAを締結した効果を持つ。韓国が今後、米国とのFTAを発効させ、日本・中国とFTAを締結する場合、欧州-東アジア-米国をつなぐ「FTAハブ」としての地位を占める。また米国だけでなく日本・中国を抜いて東アジアで初めてEUとFTAを締結し、EU市場進出が相対的に有利になった。

特に自動車・繊維業界にとっては欧州市場を拡大する好材料となる。一方、欧州に比べて競争力が落ちるファッション・化粧品・医療機器業界は緊張している。消費者の恩恵は大きくなる。欧州産の輸入車・ワイン・ブランド品などの価格が安くなるからだ。関税が完全に撤廃されれば、輸入車は7.4%の価格引き下げ要因が発生し、1億3000万ウォン(約1000万円)以上の超高価輸入車は1000万ウォン以上の値下げが予想される。

ワイン輸入業界は関税撤廃後の輸入分は価格が平均13%下がると予想している。この場合、150万ウォンの高級ワインは130万ウォン、20万ウォンのワインは17万4000ウォン、5万ウォンのは4万3000ウォンに値下がりする。20%にのぼる関税が撤廃されるウイスキーも15%前後の値下げが予想される。

ブランド品も関税撤廃の効果が生じる。しかしブランド品は戦略的に高価格を維持し、FTAの直接的な影響は少ないという見方が強い。関税が撤廃されれば、ブランド品の衣類と履き物は8-9%、バッグや宝石など雑貨類は5-7%ほど輸入原価が下がる見込みだ。

チェ・ビョンイル梨花(イファ)女子大国際大学院教授は「ワイン・ブランド品などは独占流通会社によって輸入される場合が多く、関税撤廃分がすべて価格に反映されない可能性もある。実際、消費者価格がどれほど下がるかは個別市場の状況による」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP