주요 기사 바로가기

現代・ルノー三星、国内で18万台リコール実施

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.04.25 09:42
0
現代(ヒョンデ)自動車の「YFソナタ」と「ツーソンix」、ルノー三星(サムスン)自動車の「SM5」と「SM3」で欠陥が見つかり、合わせて18万台を越える大規模リコールが実施される。

国土海洋部は24日、これらの車に製造上の欠陥が発生したためリコールを実施すると明らかにした。

2009年4月から昨年8月までに生産された「SM3」6万5157台と、2009年8月から昨年10月に生産された「SM5」5万5648台はエアバッグの制御装置不良がわかった。運転席のエアバッグが作動しない可能性があるという。また、昨年4月から今年1月に生産された「SM3」3万8742台は後部反射器の性能が適合しないと明らかになった。

 
「YFソナタ」1万9211台と「ツーソンix」8050台も後部反射器の不良が明らかになった。後部反射器の不良は、夜間に後続車両が前の車を確認できず事故が起きる恐れがある。

該当する車の所有者はメーカーのサービスセンターで無償修理を受けられる、リコール前修理費用も請求することができる。リコールと関連した詳細はルノー三星自動車、現代自動車で受け付ける。


【今日のイチオシ記事】
・サムスン電機、日本メーカーの特許侵害訴訟で無効判決
・キム・ヨナ、「約束の地」ロシアで悪縁と再会
・韓国鉄道公社で脱線事故…精密点検発言後わずか10日目
・ギラード豪首相が気になる北朝鮮兵士
・韓流歌手、5月も日本活動スケジュールをキャンセル
 

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP