주요 기사 바로가기

韓国斗山インフラコア、建設装備を福島原発に投入

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.04.25 09:29
0



放射性物質の流出で人が近づけない福島原発内部に斗山(ドゥサン)インフラコアの建設装備(写真)が入り、復旧作業を行っている。

斗山インフラコアの関係者は24日、「遠隔操縦が可能な建設装備2台が先週から福島原発内部に入り、がれきの除去など復旧作業をしている」と明らかにした。

事故現場に投入された装備はグラップルが付いたボブキャットT300コンパクトトラックローダー。13キロ離れたところから遠隔調整が可能で、7台のカメラ、温度センサー、送受信用ラジオ装置、放射線センサーが搭載されている。予想できない現場状況にも適応できるよう特殊製作された。

T300コンパクトトラックローダーはゴムトラックの上で動く。狭い空間でも押したり掘ったりするなどさまざまな作業が可能で、原発内部のがれきの整理などに使われている。

斗山インフラコアはこれに先立ち、日本の地震被災地復旧のために建設装備11台や運転人材などを支援している。
【今日のイチオシ記事】
・サムスン電機、日本メーカーの特許侵害訴訟で無効判決
・キム・ヨナ、「約束の地」ロシアで悪縁と再会
・韓国鉄道公社で脱線事故…精密点検発言後わずか10日目
・ギラード豪首相が気になる北朝鮮兵士
・韓流歌手、5月も日本活動スケジュールをキャンセル
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国斗山インフラコア、建設装備を福島原発に投入

    2011.04.25 09:29
    뉴스 메뉴 보기
    福島原発内部に復旧のため入っている斗山(ドゥサン)インフラコアの建設装備。
    TOP