주요 기사 바로가기

暴露エッセイで話題のシン・ジョンア、横領容疑の裁判で賠償命令

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.03.24 09:59
0
ソウル高裁民事24部(部長イ・ソンホ)は23日、財団法人ソンゴク美術文化財団がシン・ジョンア元キュレーター(39)を相手取り起こした損害賠償請求訴訟で、調停を通して「シン被告は1億2975万ウォン(約900万円)を美術館に支払うべき」と決定した。シン被告と財団が決定文送達から2週間以内に異議を申し立てなければ今回の調停は確定判決と同じ効力が生じる。

ソンゴク美術館でキュレーターとして勤めていたシン被告は05年から07年まで計11回にわたり約3億2000万ウォンを横領した疑いで起訴され、懲役1年6月を言い渡された。

これと関連し財団は09年4月に訴訟を起こした。財団側は訴訟で、一部の犯行に加わったパク・ムンスン元美術館長が返還した約1億ウォンを差し引いた金額の支払いを要求した。

裁判所は「財団が監督を徹底していなかった点を考慮し、シン被告の責任を60%に制限する」とし、1億2975万ウォンの支払いを判決していた。
【今日のイチオシ記事】
・天安艦爆沈から1年、北核に圧力かけた中ロが北朝鮮支持に
・オニール氏「日本は何があっても円高を防ぐべき」
・東京の水道水から放射能…「乳児に飲まさないで」
・崔重卿長官「韓国の原発は安全。今後も続けていく」
・キム・ヨナ、英国から南アフリカまで平昌広報の強行軍
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP