주요 기사 바로가기

世界の工場から世界の市場へ…「韓中FTAを急ぐべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.03.07 09:22
0
中国経済が内需中心に方向を転換すれば、国内の企業には機会と負担が同時に発生する。最も大きな負担要因は高騰する人件費だ。中国政府は消費振興のため所得の向上を推進するとし、「今後5年間に最低賃金を年平均13%上げる」と明らかにした。00年以降の10年間、中国勤労者の平均賃金は年平均12.6%上がった。

大韓商工会議所は最近、中国進出222企業を対象にアンケート調査を実施した結果、回答者の89%が「5年以内に中国の低賃金の魅力が完全に消える」と答えたと明らかにした。これに伴い、中国に進出した韓国企業の「脱中国ラッシュ」が生じる可能性がある。

半面、所得が増える中国消費者は、韓国企業にとって機会だ。すでに大企業は中国の変化に対応している。三星(サムスン)電子とLG電子は昨年、中国で大々的な新製品展示会を開いた。

現代車は来年の完工を目標にして北京に第3工場を建設している。完工すれば中国内の年間生産能力が100万台を超える。100万台すべてが中国内需市場供給用だ。

ロッテマートは昨年1年間に中国内に10店舗を新たにオープンし、計82店舗となった。イーランドは中国の所得水準が上昇を考慮し、デパートでのみ商品を販売する高級化戦略を駆使している。

国内企業の中国市場シェアを高めるため、韓中自由貿易協定(FTA)推進を急ぐべきだという主張も出ている。

中国の内需拡大は世界経済をも変える見通しだ。中国経済にとっては好材料が多い。内需拡大は中国の経常収支黒字を減らす。この場合、人民元切り上げ圧力も弱まる。一方、先進国は債務負担が増える。

ウリィ投資証券のチュ・ヒゴン研究員は「米国など先進国の国債を買ってきた中国が(内需中心に変われば)過去のように他国の国債などを大量に購入するのが難しくなる」とし「先進国の経済運用に負担が生じるだろう」と述べた。
【今日のイチオシ記事】
・中国公安が74万人動員、ジャスミンデモまた不発
・自殺した女優、「31人に100回以上酒接待、性接待」...復讐してほしい
・北朝鮮、GPSかく乱攻撃…キーリゾルブ訓練を妨害か
・日本の次期首相最有力候補の前原外相、外国人献金問題で脱落
・韓国政府による韓流操作の主張、フジテレビが謝罪
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP