주요 기사 바로가기

【取材日記】韓中FTA「習国家副主席のラブコール」に応えよう

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2009.12.15 13:32
0
中国の次世代の最高指導者候補である習近平国家副主席が最近韓国に向けて意味深長なメッセージを送った。

12月12日、訪韓を控えたインタビューで「(韓中間の)戦略的なパートナーシップをワンランクアップさせて永遠に良い友達、良い隣国、良いパートナーになるべき」と強調したのだ。同氏が示した「良いパートナー」に向けた道は「韓国と中国の自由貿易協定(FTA))交渉を早期に開始できる条件を整えること」だった。

しかし、残念ながら韓中FTAは現在足踏み状態に陥っている。07年3月にスタートした両国の産学官連携研究はすでに実務レベルの研究は終わったが、とうに発表されるべきだった共同報告書は今年も年を越してしまう雰囲気だ。FTAにより利害関係が分かれる韓国の農水産業など一部産業をめぐる隔たりのため、共同報告書にピリオドを打つことができずにいるからだ。

こうした状況を誰よりもよく知っている習副主席が提案した解決策は「求同存異」(互いの違いを認めあいながら同じ道を求める)だった。小異は残して、意見が一致する懸案はともに目指していくという意味だ。習副主席は「両国の産業別の需要や受け入れの能力を踏まえるべき」という詳細な基準も提案した。しかしこれだけでは足りない。言葉より実践が重要だ。

中国はコメの問題をはじめ、韓国社会の特殊な事情を積極的に考慮する大国らしさを示さねばならない。重要な障害物となっている農業問題で、隔たりを残すレベルを越え、積極的に解消しようとする姿勢が切実だ。韓国政府も中国の「FTAラブコール」をただ楽しんでいてはならない。今よりは、より積極的な姿勢を見せる必要がある。

台湾と中国が、事実上のFTAと呼ばれる経済協力枠組み協定(ECFA)を来年に締結するとみられる中、韓国企業が懸念している声を聞き流してはいけない。中国市場に参入した韓国の企業家は「韓国の会社としては高率の関税で苦戦する中、関税が優遇される台湾の企業が中国市場を先取りしていく光景を見守らなければならない状況」と訴えた。

FTAがない場合、韓国の企業は「チャイワン(中台経済連携)時代」を無策のまま迎えるほかないということだ。習副主席の言葉のように両国の経済に新たな動力を与える韓中FTAを賢く進めることによって、両国の関係が百花斉放(いろいろな花が一斉に咲く)を超え、満開となることを期待したい。
【今日のイチオシ記事】
・ 「北朝鮮武器」輸送機ミステリー
・ 韓国の国家ブランド、実体部門で19位
・ 日本の週刊誌「キム・ヨナの年収は100億ウォン」
・ イ・ビョンホン、元恋人を名誉棄損で告訴
・ 金日成大生を夢見た少年、ソウル大生に
・ 「北朝鮮で急変事態発生すれば中央vs野戦軍部対決へ」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP