주요 기사 바로가기

<サッカー>李忠成「次の韓国戦には必ず出場したい」(2)

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.02.18 15:27
0
--決勝戦でゴールを決めた後、ユニフォームに入った名前(LEE)を親指で指した姿が印象的だった。

李忠成「在日としての自負心を見せたかった。帰化をしたが、名前まで変えたくはなかった。韓国に対する愛国心を隠したくない。自分と同じ在日の後輩に可能性を開くのが自分の役目だと思っている」

父「‘李忠成’という韓国名で日本代表に選ばれることはないと思っていた。時代がどんどん変わっているようだ」

--お父さんが帰化に反対したというが。

父「同胞社会で100人いれば100人全員が反対した」

李忠成「理解してもらうのは易しくなかった。サッカー選手として誠実に生きていれば、反対する人も認めてくれるだろう」

--帰化を悩む後輩がいれば。

李忠成「自分が正しい選択をしたかどうかは今も分からない。鄭大世(チョン・テセ)さん、安英学(アン・ヨンハク)さん、秋山成勲(秋成勲)さんは自分の道を進んだ。父の時代と今は違う。50年後にはまた変わると思う。各自の考えを尊重したい。私は自分の選択を死ぬまで抱えていく」

--秋山成勲選手が先日、李忠成選手に会いたいと話していたが。

李忠成「私もぜひ会いたい。在日同士で通じ合うものがある。同じ世代として共感できることがたくさんありそうだ。考えを分かち合えればいい」

--日本代表では在日ということで差別はないのか。

李忠成「ない。全くない。うーん…100%ないとは言えないかもしれないが、私が在日だからといって無視する人はいない。時代は変わっている」

--韓国と日本のどちらがもっと近く感じるか。

李忠成「むしろ自分が尋ねたい。故郷が韓国と日本の2つであってはいけないのか。いつか必ずKリーグでプレーしてみたい。自分のサッカーキャリアに大きく役立つと思う。ヨーロッパでやりたいという気持ちも強い。イタリアやドイツ、フランスなどを目標にしている」

--彼女が韓国でも活動した芸能人のアユミ(ICONIQ)といわれているが。

李忠成「彼女はいない。(本当にいないのかと尋ねると)いるとも言えず、いないとも言えない(笑)」

父「優しくていい友達だ。本人たちの気持ちが最も重要ではないだろうか。芸能人だから…。それでも私は忠成さえ良ければかまわない。E.T.ではなく地球人なら忠成の選択を尊重する」

李忠成は最初に会った時と同じように、頭を大きく下げながら「コマプスムニダ(ありがとうございます)」とあいさつした。
<サッカー>李忠成「次の韓国戦には必ず出場したい」(1)

【今日のイチオシ記事】
・業界傂位の釜山貯蓄銀行が6カ月間の営業停止に
・韓・EU間FTA、欧州議会で可決
・日本メディアの前だけで笑うKARA? 全然違う表情が話題
・KTX、完全復旧したと話していたが…
・口蹄疫埋却地から悪臭…ワシ500羽集る


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP