주요 기사 바로가기

南侵訓練見守る金正恩…公式登場8カ月前から後継授業

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.02.17 09:42
0
金正日(キム・ジンイル)国防委員長の三男金正恩(キム・ジョンウン)が後継者として公式登場する8カ月の昨年1月から軍部隊訪問など後継授業を受けていたと明らかになった。北朝鮮官営朝鮮中央テレビは金正日の69回目の誕生日となる16日に放映した30分の記録映画で、金正恩が双眼鏡で訓練を見守る姿を公開した。このテレビは金正恩が昨年1月に金正日の北朝鮮軍105戦車師団訪問に同行し、陸海空軍合同訓練も参観したと伝えた。当時北朝鮮のテレビは105戦車師団訓練場に「中央高速道路春川(チュンチョン)~釜山(プサン)374km」などの表記が登場したことを映しており、南侵を想定した訓練ではないかとの観測が出ていた。記録映画には金正恩が軍部隊関係者に質問し軍内施設を視察する姿が含まれ、人民服に金委員長と同じグレーの防寒服を羽織り、金日成(キム・イルソン)主席を思わせる現在のヘアースタイルをしていた。政府当局者は、「3月の哨戒艦爆沈の前奏曲と見なされる訓練現場に金正恩が一緒にいたということは、彼が延坪島(ヨンピョンド)砲撃など相次ぐ対南挑発に主導的に関与したことを裏付けている」と話した。
【今日のイチオシ記事】
・K2戦車の国産化を断念? 核心部品輸入を考慮中
・KARAのハン・スンヨンが単独出醍「父の発言とは無関係」
・金正哲は「北朝鮮M世代」の象徴?…正男・正哲・正恩の関係は
・「アジア版EU」を夢見る人たち
・海賊に追われた韓国貨物船、中国軍艦に救出される


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP