주요 기사 바로가기

【NOW!ソウル】コンビニグルメ、進化中

Copyright(c) KONEST2011.02.09 13:40
0



韓国でも利用の多いコンビニごはん。三角おにぎりやカップラーメンが定番ですが、最近は、今までとは一味違うこだわりのグルメ商品が登場し話題を呼んでいます。



「セブンイレブン」の「オリジナルサンドイッチ」は、一見普通のサンドイッチに見えますが、カロリーハーフマヨネーズを使用しているのがウリ。ハムなどの具材も塩分控えめなど、ヘルシーさをコンセプトにしています。11種類あり、1,800~2,000ウォン。



昨年「GS25」で発売され人気なのが、料理研究家ハン・ボクソン氏監修の「ハン・ボクソン ビビンバ」。江原道(カンウォンド)の上質野菜を使った、ごま油の香り豊かなナムルなど本格的な味。2,500ウォンという価格も嬉しいですね。今なら国民の母として名高い女優、キム・ヘジャが開発に参加したファンテヘジャンクッ(干しスケトウダラのスープ)が無料で付いてきます。



同じく「GS25」では、コンビニ史上初となる「カメギ(サンマの干物)」が登場。慶尚北道(キョンサンプッド)浦項市(ポハンシ)の特産物のカメギと、酢コチュジャン、海苔、ウェットティッシュ、箸までがセットになって、手軽さバツグン!ビタミンが豊富で健康にも良し、そしておつまみやお土産にもぴったり!価格は7,900ウォン。



材料の質や料理研究家監修の本格感、地方の特産物など、こだわりのあるグルメ商品が増えている韓国のコンビニグルメ。今後もどんな商品が登場するのか目が離せません!?
【今日のイチオシ記事】
・ノーベル賞に最も近い韓国人 「賞のことは考えない」
・北朝鮮、中国産動物用飼料を軍人らに配給」
・韓国トヨタ社長「現代車のリーダーシップを学びたい」
・有望作家が夭折 「残りのご飯をください」遺言に衝撃…映画関係者の生活苦
・100億ウォン台の遺産めぐり南北첂兄弟が争い


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP