주요 기사 바로가기

菅首相にインタビュー(3)…FTAと外国人参政権

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.12.24 09:57
0
--韓日自由貿易協定(FTA)議論が中断されて5年が過ぎた。格別の決断がない限り交渉が再開されても平行線をただるが、突破口はあるのか。

「両国は重要な経済的パートナーで世界経済を牽引していく立場にある。韓国が世界主要貿易国とFTAを締結する中、韓国の第2貿易相手国である日本ともEPA(経済連携協定)を締結し、アジアで世界経済を率いていくのは、両国に与えられた21世紀の使命だ」

--民主党政権は外国人地方参政権の付与に積極的だったが、最近は静かだ。強力なリーダーシップを見せてこれを推進する考えはないのか。

「この問題は国家制度の根幹と関連した懸案であり、さまざまな意見がある。(日本)国民のコンセンサス(同意)がなければならない。国会・政党・地方自治体などで議論をする必要がある。こうした議論が熟するのを待って判断するべきだと考える」

写真=菅直人首相は書面インタビューで「北朝鮮の延坪島砲撃は許せない暴挙」とし、韓国政府の立場を全面的に支持すると明らかにした。
菅首相にインタビュー(1)…北の延坪島砲撃事態

菅首相にインタビュー(2)…「韓日併合100年」と「新しい100年」

【今日のイチオシ記事】
・中国メディア「韓日米関係、表面上は華麗だが中身は殺意」
・【社説】口蹄疫の初期対応に失敗、責任を問うべき
・陸空軍合同訓練…中国メディアは脅迫調表現で韓国政府を強く批判
・<野球>オリックス、異例の朴賛浩-李承ヨプ“ダブル”記者会見
・菅首相にインタビュー(1)…北の延坪島砲撃事態


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP