주요 기사 바로가기

北朝鮮をかばって孤立する中国…一歩遅れて深刻性を認識

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.12.10 08:41
0
中国外交を総括する戴秉国国務委員(副首相級)が9日、北朝鮮の平壌(ピョンヤン)で金正日(キム・ジョンイル)国防委員長に会った。中国国営新華通信は、戴秉国国務委員が8日に平壌入りし、北朝鮮の姜錫柱(カン・ソクジュ)副首相に会った後、9日に金委員長と会談し、朝中関係と韓半島情勢について深い対話をした、と伝えた。

◇どんなメッセージを伝えた?=この日の会談の具体的な内容は公開されなかった。しかし北京消息筋は「戴秉国国務委員が北朝鮮の延坪島(ヨンピョンド)砲撃事件後に高まった韓半島の緊張状態を説明し、これ以上状況が悪化しないよう努力してほしいというメッセージを送ったと観測される」と述べた。挑発を自制し、6カ国協議首席代表間の緊急協議に応じるよう促した可能性が高い。

中国は南北問題の仲裁者を自任し、先月27日に戴秉国国務委員を電撃的に韓国に派遣した。直ちに北朝鮮も訪問すると考えられていたが、金委員長の地方現地指導などを理由に日程が延ばされてきた。その後、相当な時間が流れた後、北朝鮮を訪問した。このため中国と北朝鮮の間である種の意見交換が事前に行われたという観測も提起されている。

◇中国、一歩遅れて深刻性を認識=中国は3月の天安(チョンアン)艦事件当時と同じように、今回も北朝鮮をかばう姿勢を見せた。戴秉国国務委員は李明博(イ・ミョンバク)大統領との会談で、懸案である延坪島攻撃には一切言及せず、「韓国・北朝鮮は兄弟の関係なのに、緊張が高まってはいけない」という主張を繰り返した。

事態の深刻性を把握したのは外交的に孤立した後だった。伝統的に北朝鮮の友邦であるロシアのラブロフ外相は事態直後、異例にも北朝鮮を強く非難した。中国は北朝鮮の挑発に目をつぶったことで米空母「ジョージ・ワシントン」を西海(ソヘ、黄海)に呼び入れ、日米には中国の核心利益地域である東中国海(東シナ階)周辺で合同軍事訓練を実施する口実を提供した。

来週(14-17日)北京で開かれる米中間の高官級接触も中国の背中を押した。中国としては米国との協議テーブルで、北朝鮮問題への言及が避けられない状況を迎えることになった。
【今日のイチオシ記事】
・日本が朝鮮のために戦った日本人武将の記念碑を建てた理由
・北朝鮮をかばって孤立する中国…一歩遅れて深刻性を認識
・クローバーを食べ쒂いた北朝鮮の浮浪者が死亡
・ゴールデンディスク大賞の少女時代と2AMが涙
・LGディスプレー、談合罰金に不服 控訴方針


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP