주요 기사 바로가기

菅首相のFTA交渉再開要請に、李大統領「次回真摯に議論」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.11.15 10:22
0
李明博(イ・ミョンバク)大統領が南北首脳会談と関連し、「韓半島の平和を維持し、北朝鮮の非核化という大きな目的を達成できるならいつでも首脳会談は可能だ。しかし国内の政治的な目的で行うつもりはない」と述べた。

アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議出席のため日本の横浜を訪問した李大統領は14日に報道された朝日新聞の船橋洋一主筆とのインタビューでこのように明らかにした。李大統領は南北関係について、「韓半島の平和が前提で、次が経済協力。そうすれば(次の主題は)自然に統一問題になるだろう」と述べた。

北朝鮮の3代世襲と関連しては、「一般的、常識的に考えても納得はできないが、3代世襲したといってすぐに北朝鮮が危険になるものではない」との認識を示した。その上で、北朝鮮の核をめぐる6カ国協議については、「北朝鮮が核をどのように放棄するかについて包括的に対話する姿勢を持って出てこなければならない」と述べた。

李大統領は韓国と日本の安保協力について、「信頼関係を構築し自然に進展するもの」とし、日米合同軍事訓練に韓国がオブザーバーとして参加する可能性を問う質問には、「自然に参加できると思う」と答えた。また環太平洋経済パート-ナー協定(TPP)参加問題については「域内すべての国が(TPPを)検討している。韓国もそうした国のひとつ」と述べた。ただ、「象徴的な効果はあると考えるが、実質的な効果はわからない」としている。TPPは関税を完全に撤廃する高い段階の自由貿易協定(FTA)で、日本は最近締結交渉に参加している。

李大統領はこの日午前、日本の菅直人首相と首脳会談を行った。菅首相は会談で、事実上中断している韓日FTA交渉の再開を要請し、李大統領は「シャトル外交で日本を再訪すればこの問題を真摯に話し合いたい」と答えた。菅首相は、「年内にもう一度日本を訪問してほしい」と招請し、李大統領も前向きな反応を示した。


【今日のイチオシ記事】
・返還される宮内庁図書に韓国にはない「唯一本」も
・米博士「北朝鮮、軽水炉を建設中」
・盧武鉉前大統領の墓に人糞まく
・KARAの衣装、扇情性めぐる議論から全面修正
・<アジア大会>黄橲太、日本柔道の自尊心を破る

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP