주요 기사 바로가기

韓日は預金、米国は株式・ファンドを好む

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.09.29 15:03
0
余裕資金を運用する際、韓国人と日本人は安定した預金を好む一方、米国人は株式・ファンドなど金融投資商品を好むことが分かった。

韓国金融投資協会が韓日米英4カ国の6月末現在の家計金融資産構成を比較し、27日に発表した資料によると、韓国人の家計金融資産は「現金・預金」の比率が46.6%で最も多かった。 次いで「金融投資商品」(28.4%)、「保険・年金」(24.2%)の順だった。

日本は「現金・預金」の比率が55.8%で、韓国よりも高かった。 「金融投資商品」は12.9%と低かった。

半面、米国世帯は半分を超える52%を「金融投資商品」に投資している。 「現金・預金」は14.7%にすぎなかった。 英国は引退後を考えた「保険・年金」の構成比が54.4%で最も高かった。

また韓国人の場合、ファンドなどの「間接投資」よりも「直接投資」が多いことが分かった。「金融投資商品」は株式が約3分の2(65.8%)を占め、次いで 「ファンド」(19%)、「債券」(15.2%)の順だった。

昨年、韓国の家計の金融資産規模は国内総生産(GDP)の1.8倍だった。 米国(3.2倍)、英国(3倍)、日本(3.1倍)はすべて家計の金融資産がGDPの3倍を超えた。 まだ韓国は先進国ほど貯蓄する余裕がないということだ。


【今日のイチオシ記事】
・米国、中国の「反ダンピング」に反撃…為替・資源まで総攻勢
・欧州メディア「F1韓国GP開催は不透明」
・長男の正男氏、日本密入国が発覚しアウト
・三星電子「ギャラクシーS」 来月から日本で販売
・北朝鮮、世界で類例のない「3代世襲」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP