주요 기사 바로가기

「北朝鮮、今月中に追加核実験の可能性」

ⓒ 中央日報日本語版2010.09.02 12:08
0
 北朝鮮が現在の局面から脱するため、早ければ今月中に追加で核実験をする可能性があるという見方が出ている。

米タフツ大学のイ・ソンユン教授は26日、米国の外交専門雑誌「フォーリンアフェアーズ」電子版に寄稿した「北朝鮮の脚本」で、「北朝鮮は敵が自国に関心を向けない場合、国際的な批判にもかかわらず局面を膨らませた後、平和というしん気楼のような約束で譲歩を引き出す交渉をしてきた」と指摘した。

イ教授は「こうした過去から判断すると、北朝鮮は、まだ自国の脚本に屈服しない米国のオバマ政権と来年初め新たな交渉を始められるよう、数カ月以内に追加(3度目)の核実験をする可能性がある」と予想した。

 
特にイ教授は、北朝鮮政権樹立日の9.9節の前日の9月8日、朝鮮労働党創建日の10月10日を核実験をする可能性が高い日に選んだ。


【今日のイチオシ記事】
・金正日の訪中当時、晩餐会で ‘美女秘書’ 6人付き添い
・台風7号が江華島上陸、市民の出勤に影響
・「北朝鮮、洪水に見舞われた今こそ食糧支援する時」
・起亜車、室内灯の欠陥で4車種1万8272台リコール
・<野球>来年は読売ではない、李承?どこへ移籍?

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP