주요 기사 바로가기

<大リーグ>朴賛浩、アジア選手最多勝まで1勝残して事実上の放出

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.08.02 13:46
0
 朴賛浩(パク・チャンホ、37)がニューヨーク・ヤンキースから事実上放出された。

ヤンキースは今季メジャーリーグトレード締切日の1日(日本時間、現地7月31日)、「朴賛浩(パク・チャンホ)を戦力外選手として公示し、クリーブランドの右手投手ケリー・ウッド(33)を獲得した」と明らかにした。

戦力外通告を受けた選手は10日以内にマイナーリーグ行きを受け入れるか、自由契約選手(FA)を宣言して他のチームを探すことになる。 しかし朴賛浩がマイナー行きを選択する可能性は少なく、結局ヤンキースを退団すると予想される。

 
◇朴賛浩「他のチームを探す」=朴賛浩は1日、ヤンキース担当記者らとのインタビューで、「悲しいが、どうしようもない。 ヤンキースで楽しい経験ができたことをうれしく思う」とし「私はまだ投げられる。 他のチームを探すことになりそうだ」と明らかにした。

しかし現実は厳しい。 ポストシーズン進出を狙うチームはすでに後半の戦力構想を終えた状態だ。 来年以降のチームづくりを考慮中の球団にとっては朴賛浩の年齢が障害だ。 ひとまず朴賛浩と代理人はナショナルリーグの球団と交渉すると観測される。

朴賛浩はメジャーでの17年間、ナショナルリーグで98勝72敗、防御率3.99と活躍したが、アメリカンリーグでは24勝24敗、防御率5.78。通算122勝でアジア出身メジャー投手最多勝(日本の野茂英雄、123勝)タイ記録まであと1勝を残した朴賛浩がどのチームに移籍するのか注目される。


【今日のイチオシ記事】
・北朝鮮から流れてきた‘木箱地雷’が爆発 2人死傷
・中国、日本を抜いてGDP世界2位
・韓国人職員が中国人労働者を暴行
・「韓国、今年の実質GDP初めて1000兆ウォン突破」
・SBS8時のニュースで女性上半身露出映像流れる

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP