주요 기사 바로가기

女子ショートトラックリレーの「悔しい」失格事由

ⓒ JES/中央日報日本語版2010.02.25 18:01
0
決勝線を先に通過するも審判の釈然としない判定によってつかみかけた金メダルが消えた。一部では2002年、ソルトレークシティ五輪で米国のアントン・オーノに金メダルを奪われた金東聖(キム・ドンソン)を思いださせるとして第2の金東聖事件だと声を高めている。

この日、審判陣が韓国女子ショートトラック代表チームを失格処理したのは「レース中、韓国選手が中国選手のわき腹を押した」というのが理由だった。

問題になった場面は残り5周という状況で、タッチ後の小さな衝突だった。それまで2位を走っていた韓国はパク・スンヒがキム・ミンジョンの腰を勢いよく押した。同時に先頭を走っていた中国のチャンフイもソンリンリンをタッチした。

タッチ過程でキム・ミンジョンは絶妙のコーナリングで内側コースに突入した後、中国選手をわずかの差で弾き出すのに成功した。

直線アウトコースからインコーナーに入って来たソンリンリンはキム・ミンジョンの早い浸透に驚いてしばらくたじろぎ、キム・ミンジョンのスケートのブレードとぶつかった後、重心を失って左腕で氷をついた。

中国のスピードは大きく落ち、韓国はスパートをしながら残ったタイヤを単独疾走した後、1位でゴールインした。しかし競技後、ビデオを分析した審判陣は失格判定を下した。あっけない判定に選手たちは途方に暮れた。涙をこぼすパク・スンヒは「どうしてこんな判定が出たのか分からない」とうっ憤を吐露した。

この競技を中継したチョン・イギョンSBS 解説委員は「キム・ミンジョンが先に入った上、中国選手の手は、キム・ミンジョンが後ろにいたから仕方がなかった。審判長がビデオを見て悩んだのを見れば本人も確信がもてなかったようだ。しかしこのような事項はIOCに提訴しても変更はできない。第2の金東聖事件だ」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP