주요 기사 바로가기

善徳女王3大遺跡を韓流観光スポットに

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2009.12.24 08:20
0



新羅第27代善徳(ソンドク)女王(在位632~647年)は韓国の歴史上初めての女王だ。真平(チンピョン)王が跡継ぎのないまま死去すると、国民は長女を王として擁立した。善徳女王は在任中に善政を施し、瞻星台(チョムソンデ)や皇龍寺(ファンリョンサ)の九重木塔を建立した。善徳女王陵は慶州市普門洞(キョンジュシ・ポムンドン)の狼山(ナンサン)に位置する。

善徳女王関連の遺跡とプログラムが今年に入り新たな観光商品として浮上している。22日に放映が終わったテレビドラマのおかげだ。

善徳女王陵を訪れる人は目に見えて増えた。慶州市文化観光課のパク・オクスンさんは、「これまで関心のある専門家が善徳女王陵を訪れる程度だったが、ドラマがヒットしたことで最近は週末になると家族連れや学生などが列を成している」と話す。そこで慶州市は10月から善徳女王陵周辺に駐車スペースを大きく増やし、乗用車の駐車スペースを70台に拡充した。

また、今年初めて登場した善徳女王のお出ましは12回にわたり行われ、観覧客だけで25万人に達した。善徳女王のドラマが撮影された新羅ミレニアムパークにも週末には観覧客が押し寄せる。おかげで11月現在、慶州を訪れた観光客は昨年の同じ期間に比べ2%多い789万人となった。

外国人は7%増の47万人が慶州を訪れた。今年は新型インフルエンザの影響で修学旅行が大挙取りやめになったことを考えると少なくない伸びだ。

◆3大遺跡に20億ウォン投入=慶尚北道(キョンサンブクド)は2010年の「韓国訪問の年」を迎え、善徳女王陵と女根谷(ヨグンゴク)、羅王台(ナワンデ)の善徳女王3大遺跡に20億ウォンを投じて観光基盤を構築する。善徳女王陵には狼山をめぐる道を造る。女根谷には展望台と展示館を建て、閉鎖された泉を復元することにした。また羅王台には散策路を開設し、ウッドデッキと東屋などの施設を設ける。このほか仁川(インチョン)国際空港と慶州を結ぶシティツアーも運営する計画だ。

慶尚北道観光開発課のチェ・ヒョンスクさんは、「日本など14カ国に輸出された善徳女王のドラマの放映を合わせて慶州を韓流観光の中心地となるようにしていく。善徳女王ツアーも活性化する」と話している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    善徳女王3大遺跡を韓流観光スポットに

    2009.12.24 08:20
    뉴스 메뉴 보기
    TOP