주요 기사 바로가기

金大中元大統領、肺炎の初期症状疑われて入院

2009.07.14 10:09
0
金大中(キム・デジュン)元大統領が13日午後4時40分ごろ、肺炎の初期症状が疑われ、ソウル新村(シンチョン)のセブランス病院に入院した。

崔敬煥(チェ・キョンファン)秘書官によると、金元大統領は先週末から風邪の症状と微熱を見せ「肺炎かどうかを判明するための精密検診が必要だ」という医師の勧めによって、同日入院した。

崔秘書官は「深刻な状況ではない」とし「金元大統領が車椅子に乗って病院に入り、13日夕方から熱が下がって血圧も正常に戻りつつある状況」と伝えた。また「医師が肺炎の初期である可能性について検診した。結果次第で入院期間が決まる」とした後「症状が弱ければ3、4日後に退院できる」と付け加えた。
【今日のイチオシ記事】
・ 「ハンマー・チェーンソーの国会…韓国人として恥ずかしい」
・ 「韓国俳優の爆発力、日本は到底ついていけない」
・ 清武英利代表「李承?の不振で原監督がストレス」
・ 「不法ファイル」のインターネット流布が映画を広報?
・ 秋山成勲のUFCデビュー戦 「ファイト・オブ・ザ・ナイト」に
・ チョン・ジヒョン、韓国女優として初めてシャネルのオートクチュールショーに

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP