주요 기사 바로가기

【コラム】金大中元大統領のメサイアコンプレックス

2009.06.22 17:20
0
 盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領が死亡してから1カ月が経った。 数日間、梅雨の雨が降った。 慶尚道(キョンサンド)のどの岩にも雨が降った。 盧前大統領の血痕も消えたはずだ。 先日までずっと「盧武鉉」が時代の話題だった。 ところが「李明博独裁」発言で金大中(キム・デジュン=DJ)元大統領がその場を占めている。 公開的かつ完全なDJのカムバックだ。

DJの時局診断は誤った。 大統領が一部の国政運営を誤るのとその政権が独裁であるのとは全く別の問題だ。 民主か独裁かを分ける明白な基準がある。 言論・集会・表現の自由、選挙による政権交代、三権分立などだ。 すべての基準で現政権は独裁でない。 大統領を殺人魔と呼び、騒がしく牛海綿状脳症(BSE)扇動放送をし、法を執行する警察官に暴行を加え、デモ隊が道路を占拠し、自由に政権を交代しながら三権が独立している、そのような独裁国家はない。 にもかかわらずDJはなぜ反独裁決起という松明を持ち出したのか。 さらにDJは人生の‘9回裏’だ。 最後の打席の無理なスイングがそれまでの勝負をひっくり返すおそれもあるというのに、DJはなぜこうした負担を考えないのか。

もしかするとDJにはメサイアコンプレックスがあるのはでないか。 現代史に民主化と南北和解のメシア一人が記録されるなら、それは自分でなければならないとDJは信じているのではないか。 李承晩(イ・スンマン)・朴正煕(パク・ジョンヒ)・全斗煥(チョン・ドゥファン)は「独裁の束」としてまとめ、自分は一人の巨人として反独裁メシアになるべきだと考えているのではないか。 前任者は概して南北対決を追求し、自分だけが本質的かつ効率的な南北和解のメシアだと信じているのではないか。 そのような確信の中で盧武鉉が反李明博情緒に火をつけ、南北がお互い砲口を向けるこの時期が、まさにメシアが再臨すべき時期だとDJは考えたのかもしれない。

ならDJは傷のないメシアなのか。 50年近い政治歴程でDJはメシアが持つべきドラマ的な要素を経験した。 外国の首都で目隠しされたまま拉致され、内乱陰謀者に仕立てられて死刑宣告を受け、家族と側近は激しい拷問を受けた。 DJは迫害を受ける者だったのだ。 こうした迫害なしに南北首脳会談だけではノーベル平和賞を受賞することはなかったはずだ。

しかし苦痛を受けた歳月があらゆることを正当化してくれるわけではない。 DJはメシアである以前に平凡な人間の失敗を数多くしている。 DJはほとんど闘争とは反対の道を歩いた。 1960-70年代、京釜(キョンブ)高速道路に反対し、郷土予備軍(郷土防衛のために組織された韓国の非正規軍)を拒否した。 京釜高速道路がなければ経済開発をどのようにし、郷土予備軍がなければ北朝鮮の武装共産軍をどのように防いだのか。 DJはこの部分について一度も謝罪していない。 DJは朴正煕の独裁よりも自分の民主化闘争に正義があると主張してきた。 しかし朴正煕独裁は富裕栄華の独裁ではなく、国のための開発独裁だった。 生半可な民主化と開発独裁のうちどちらが国民を貧困と混乱から救っただろうか。

DJは歴史を受け入れなかった。 大統領になって第2の建国を叫んだ。 建国は一度しか存在しないが第2の建国とは…。 前任者の蓄積を無視する傲慢だった。 李承晩・朴正煕から金泳三(キム・ヨンサム)まで前任者は歴史の脈を受け継いだ。 その脈を切ってDJは自分を上海臨時政府と直結しようとした。 盧武鉉前大統領がDJの誤った歴史観を学んだ。 「メシア」は性急であり純真であった。 2000年の南北首脳会談から数日後、DJは「もう韓半島に戦争はない」と断言した。 しかし2年後、北朝鮮は「核凍結ジュネーブ合意」を破った。 そして核開発に突っ走り、今では韓国を脅かしている。 共産主義者と会談する時はテーブルの下の足を見ろと言う。 韓国のメシアはもしかすると手だけを見ていたのではないか。 DJが「自分の体の半分」と言った盧前大統領も足を見ていなかった。 先任者の責任は大きい。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP