주요 기사 바로가기

辛格浩ロッテ会長のシャトル経営、忙しい歩み

2009.05.11 10:32
0



ロッテグループの辛格浩(シン・ギョクホ、87)会長は独特な経営方式を持っている。奇数月には韓国で、偶数月には日本に滞在し両国のロッテグループを指揮する。これは「シャトル経営」または「玄界灘経営」と呼ばれる。辛会長は韓国に滞在する間はソウル・小公洞(ソゴンドン)のロッテホテルの執務室で系列会社代表らから1日に7~8時間ずつ経営懸案の報告を受ける。

特に5月は辛会長に最も意味がある奇数月だ。毎年自身の故郷の蔚山市蔚州郡三同面屯基里(ウルサンシ・ウルジュグン・サムドンミョン・トゥンギリ)で村の住民らのため祭りを開く。屯基里の祭りは蔚山地域の工業用水確保のためのダム建設により水没した村の住民のために、辛会長が39年にわたりダム近くの自身の別荘で行っている。故郷を訪問する月のため辛会長は毎年5月には金海(キムヘ)空港から入国する。屯基里に向かうまでは釜山・慶尚南道(プサン・キョンサンナムド)地域のロッテ系列会社を見回る。

ところが今年の辛会長は普段とはやや違う行動を示し注目を集めた。故郷訪問前日の2日に帰国し、競合会社の新世界(シンセゲ)のセンタムシティ店を視察したのだ。辛会長はこの日、ロッテショッピングの李哲雨(イ・チョルウ)社長とロッテセンタムシティ店のソル・プンジン店長らを引き連れ、ロッテセンタムシティ店と隣接する新世界センタムシティ店を外から5分間にわたり観察しロッテセンタムシティ店に戻った。辛会長を目撃したショッピング客らは、辛会長が健康で活気あふれる姿だったと話す。ロッテ百貨店のイ・ソンデ広報チーム長は、「辛会長がロッテセンタムシティ店を訪問し、隣接する新世界センタムシティ店を一度見ただけであり、大きな意味はない。帰ってからも特に指示はなかった」と話している。

辛会長は釜山訪問後に慶尚南道地域にある系列会社と店舗を回り、3日に屯基里の祭りに参加した。この行事で辛会長は1000人余りの住民とともに過ごし、祭り翌日の4日には蔚山の現代重工業を訪れ同社の閔季植(ミン・ゲシク)副会長と会っている。

辛会長はソウル滞在中には休日を利用してロッテ百貨店とロッテマートの売り場を訪れる。しかし最近は突然訪れることが多い。昨年初めにはロッテ百貨店ソウル永登浦(ヨンドゥンポ)に予告なく現れ従業員らを脅かせている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    辛格浩ロッテ会長のシャトル経営、忙しい歩み

    2009.05.11 10:32
    뉴스 메뉴 보기
    TOP