주요 기사 바로가기

三星重工業、ロシアの造船業近代化に参画

2009.02.20 09:13
0
三星(サムスン)重工業がロシアの造船業近代化事業に参画する。三星重工業は19日、慶尚南道巨済(キョンサンナムド・コジェ)の造船所で、ロシアのセチン副首相一行と造船業近代化共同推進に向けた覚書を交わした。セチン副首相は、ロシア国営企業のUSCの会長を兼任している。USCはロシアの造船業近代化政策開発と発展を目的に2007年に設立された。

覚書は、△新事業開発と共同投資プロジェクトの推進△設計技術の共同開発△生産能力拡大策の模索などの内容を盛り込んでいる。三星重工業は来月に特別委員会を構成し、USCと具体的な協力策を話し合う計画だ。ロシアは全国を北部と西部、極東の3地域に分け、各地域を代表する造船所を育成する事業を推進中だ。

三星重工業は報道資料を通じ、「日本と欧州など他の国の造船メーカーを押さえ今回覚書を締結したことは、今後ロシアの造船市場進出に向けた橋頭保の役割をするもの」との見方を示した。ロシアの造船所と協力し北極地域の開発を本格化すれば年間数十隻ずつ発注される造船と海洋設備を共同で受注できるという説明だ。

また、ロシア国内の港湾と道路、パイプライン建設工事でも参加する可能性が大きいとみている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP