주요 기사 바로가기

「オバマ氏、初の業務は景気浮揚とイラク」

2009.01.20 07:51
0
バラク・オバマ氏が20日(現地時間)第44代米国大統領に公式就任する。

オバマ氏は20日正午(韓国時間21日午前2時)、ジョージ・ブッシュ大統領からすべての権限を委譲される。米国歴史上初の黒人大統領の誕生だ。

オバマ氏は権限を委譲される時点に合わせて大統領就任宣誓をし、直ちに就任演説を通じて今後4年間の国政運営方向を提示する。ワシントン国会議事堂広場で15分程進行される就任演説では、米国政府だけではなく国民にも危機克服のための責任と義務を強調するとNBC、フォックスニュースなど米メディアが報道した。

ロバート・ギプスホワイトハウス新報道官は19日「オバマ氏が週末を利用して就任演説の相当部分を直接作成した。オバマ氏が経済危機にあって政府と国民のさらなる責任が要求されるという信念を明らかにする」と伝えた。

ラム・エマニュアルホワイトハウス新秘書室長も「私たちに“責任の文化”が必要だ。就任演説は政府・企業で働く米国人たちに新しい時代にふさわしい行動をとるよう鼓吹して責任感を強調する内容になる」と言った。

オバマ氏は演説で経済危機とイラク・アフガニスタン戦争など米国の当面の問題について説明した後、政府の努力の意志を改めて示すとともに、米国人たちの協力を呼びかけるということだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP