주요 기사 바로가기

オバマ次期政権の韓半島ラインが確定

2009.01.10 11:04
0
米国のオバマ次期政権の国務省韓半島政策ラインがほぼ確定した。オバマ政権の国務長官に内定しているヒラリー・クリントン氏は、ウイリアム・バーンズ国務次官(政務担当)を留任させ、東アジア・太平洋担当次官補にカート・キャンベル国防副次官補を指名する方針だとニュヨークタイムズが8日に報じた。

これに先立ちヒラリー氏は国務省の機能拡大のためジェームス・スタインバーグ元ホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)副補佐官を外交分野の総括副長官、ジェイコブ・ルー元ホワイトハウス予算室長を予算担当副長官にそれぞれ指名した。これによりオバマ政権で国務省の韓半島政策は「ヒラリー長官-スタインバーグ副長官-バーンズ次官-キャンベル次官補」のラインで決定することになった。ここに北朝鮮との核交渉を率いる対北特使としてウェンディー・シャーマン元対北調整官が有力視されている。彼らは民主党だけでなく共和党からも実力を認められた外交官で、上院人事聴聞会も無難に通過する見通しだと同紙は伝えている。

副長官に内定したスタインバーグ氏はユダヤ系で中東問題の専門家。次官に内定したバーンズ氏はヨルダンとロシアでの大使を務め、韓米日高官級会談代表として韓半島問題に詳しいと評価されている。次官補に内定のキャンベル氏は2007年に外交安保シンクタンクの新米国安保センター(CNAS)を設立した。

一方、オバマ氏は8日、軍事メーカー、レイセオンの副社長を務めるウィリアム・リン氏を国防副長官に指名した。またミッシェル・フロノイ元国防副次官補を国防部政策担当次官に、ロバート・ヘール元空軍次官補を国防総省監査官にそれぞれ内定した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP