주요 기사 바로가기

飲むだけからボランティアへ…不況・寒さを吹き飛ばす忘年会

2008.12.22 09:22
0
食べたり飲んだりだけの忘年会に代わり、寄付金を集めたり直接ボランティアを行う忘年会が相次いでいる。区庁のボランティアセンターにはだれをどのように支援すべきかを問う企業からの電話が相次いでいる。経済寒波の中、消費性の忘年会を取りやめ、周辺の恵まれない人たちを助けて1年を締めくくろうという趣旨だ。

瑞草区(ソチョグ)ボランティアセンターは先月中旬に管内の50社余りの企業に、忘年会に代わるボランティアプログラムを案内する電子メールを送った。視覚障害者の生活施設や老人福祉館などで10人前後の規模でクリスマスツリー作りや一人暮らしの高齢者のための上履き作りなどのボランティアができる。10人基準で30万ウォン(約2万円)の参加費が必要だが、企業からの反応は少なくない。ボランティアセンターのユン・ヨンミ広報担当は、「今月初めからクリスマス前まで9社350人がボランティア忘年会を行う」と明らかにした。行う企業は現代製鉄、BCカード、三星物産機械設備チーム、ウィロポンプなどだ。

◆チャリティ公演も=公演を募金の機会として活用する公演団体もある。国楽演奏グループの‘国楽ナル’は21日午後、江東(カンドン)区民会館で創作歌謡公演‘Hello!サンタ!’を2回にわたり公演した。低所得層の子どもたちを支援するソウル地域児童センター勉強部屋協議会とともに制作した家族劇で、子どもは無料、大人からは5000ウォンの入場料を取った。

代表のキム・グァンスさんは、「公演の収益金は巨額ではないが、これを江東地域のボランティアサンタに寄付することにした」と述べた。ボランティアサンタはクリスマスイブにサンタに扮して低所得層の子どもがいる家庭を訪問してプレゼントを贈る運動をしているインターネットから広まった青年の集まりだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP