주요 기사 바로가기

不況の影響、家庭で酒を飲む人が増加

2008.12.16 16:58
0
 不況によるストレスを解消するため酒の消費が増えている中、酒代を節約するために家で酒を飲む人が増えていることが分かった。 おつまみ類、スナック類、冷凍食品、ゲーム商品など家庭で楽しめる商品の売り上げも伸びている。 コンビニエンスストア「ファミリーマート」が1-15日、住宅街に位置した1000店舗を対象に調査した結果だ。

ビール・ウイスキー・ワインなど酒類の売上高が前年同期比で12.1%上昇し、スルメなどおつまみ類も11.4%増えた。 ピザ・ホットドッグなど冷凍間食は27.4%増、冷凍トンカツ、冷凍トッポッキなど冷凍調理食は12.5%増、スナック類は19.4%増、トランプなどゲーム商品は18.4%増となった。

不況のため家庭にいる時間が長くなり、家の中で楽しめる商品の購買が増えているのだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP