주요 기사 바로가기

不況の日本、忘年会のキーワードは「節約」(2)

2008.12.15 16:47
0

写真提供=日本「ぐるなび」



女性顧客に限り割引サービスをする店もある。 男性に比べて女性は飲んで食べる忘年会を嫌がる、という判断からだ。 夜の時間が負担になる主婦をターゲットに「ランチ忘年会」セットを販売している飲食店もある。 外食業者ワタミは11月中に忘年会の予約をした客に限り、利用金額の50%を来年1月以降に使用できる食事券に交換するキャンペーンを始め、前年より20%ほど予約を増やした。

不況のため飲み物は持参し、料理だけを飲食店で購入する‘オフィス忘年会’が増えた。 日本フードサービス協会によると、‘オフィス忘年会’の増加を受け、忘年会の料理の宅配サービスを始める業者が続々と出てきている。 外食業者のつぼ八は秋から、銀座・大森など東京のオフィス密集地域で宴会用料理の宅配事業を始めた。 事務用品通信販売業者のアスクルは今年の春から専用サイトで飲食店配達予約サービスを始めたが、12月の予約件数は11月に比べて19%増えた。

◇忘年会予算は1人4843円=キリン食生活文化研究所が今月初めに調査した今年の忘年会の会社員1人当たりの希望予算は、前年より353円(約5400ウォン)少ない4843円(約7万4000ウォン)だった。 男性会社員は忘年会を「コミュニケーションの場」、女性は「おいしい料理を食べる場」と答えた。 同じ時期にアサヒビールが全国20歳以上の男女4500人を対象に実施した「忘年会に関する意識調査」によると、全体の86%が忘年会に参加する、と答えた。

忘年会の場所を決める基準は、昨年より12%ポイント多い56%が「低料金の店」と答えた。 「食べ放題、飲み放題かどうか」が2番目に多く、会社員の懐事情が反映された。 毎年最も多かった「料理の質」や「店の雰囲気」は順位が落ちた。
不況の日本、忘五会のキーワードは「節約」(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    不況の日本、忘年会のキーワードは「節約」(2)

    2008.12.15 16:47
    뉴스 메뉴 보기
    TOP