주요 기사 바로가기

不況の影響? 未婚女性32%「富裕層の男性が最高の配偶者」

2008.12.01 18:26
0
 未婚女性3人に1人は、最近のように経済が厳しい時、最高の配偶者候補に「富裕層の男性」を選んだことが調査で分かった。

結婚情報会社ビエナレが先月17-30日、全国初婚および再婚希望者1264人を対象に電子メールとインターネットを利用し「不景気の中で最も人気がある配偶者タイプ」に関するアンケート調査を実施した結果だ。

最高の配偶者候補に男性の30.8%は「心の温かい女性」を選んだが、女性は「富裕層の男性」を選んだ人が32.4%で最も多かった。

次いで男性の場合、「安定的な女性」(25.6%),「富裕層の女性」(17.9%)、「勤勉で誠実な女性」(13.1%)などが後に続いた。一方、女性は「富裕層の男性」に続き、「安定した男性」(24.7%)、「心の温かい男性」(18.5%)、「勤勉で誠実な男性」(12.8%)などの順となった。

「現在のような経済環境の下では、条件の良い異性と心がよく通じ合う異性のうちどちらがよいか」という質問でも男女間に大きな差を生じた。

男性の場合、76.9%が「心がよく通じ合う女性」を選んだ半面、女性は半分以上の56.5%が「条件の良い男性」を選んだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP